A LIFE IN NYC グローバル化を楽しもう!

外国人に褒めたつもりが失礼になる日本人間違い3つ!男女別の解決法を教えるよ!

Yey
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Yey
「海外に住むのって、簡単なんだ」 「1つだけより、他の文化も知ってたほうが、楽しいし、ラクだよ」 ということを感じてほしくて、ブログ書いてます。
詳しいプロフィールはこちら

外国人と仲良くなるのって、ワクワクしますよね。

でも同時に、言語がうまく通じるか、誤解が無いようにコミュニケーションとれるか…など、

不安も感じますね。

仲良くしたくて、気を利かせて言った言葉が、

相手を知らず知らずのうちに傷つけていた…なんて事があったら悲しいもの。

そこで今回は、日本人が外国人相手にやりがちな失敗の1つである、

相手の容姿をほめたつもりが、逆に失礼なことを言っていた

について書いていきます。

外国人への誤解、「相手の容姿を褒めているつもり。でも実は傷つけている」をやらないために知識をつけよう!

国際社会って難しいもの。。。

でも、知識があれば、こんなに悲しい失敗はま逃れるかもしれません。

さぁ、学びましょう!!!

「大きな鼻」や「高い鼻」は、外国人にとっては、ブサイクという意味

外国人に「鼻が高いね」と言っている絵

私達日本人にとって、顔の彫りが深いというのは美人・ハンサムの証。

「鼻が高い」というのは褒め言葉ですね。

だからついつい外国人相手にも言ってしまうのですが、

実は「鼻が大きい=ブサイク」または「鼻が長い=嘘つき(ピノキオのイメージ)」という意味で捉える人が大勢います。

アメリカでは鼻を小さくする整形手術が人気で、

鼻が大きいのがコンプレックスな人達が、わざわざ手術をして小さくするほど。

20年程前に大人気だったニューヨークを舞台にしたドラマ「フレンズ」でも、

レイチェルが鼻を小さく手術していました。

外国では、「顔が小さい」=「頭が悪い」と受け取られる可能性がある。

日本では「小顔」というと、スタイルが良くて格好いいイメージですよね。

アメリカでは「小顔=脳みそが小さい=頭が悪い」という意味にとらえられてしまう可能性があります。

あと、頭が小さすぎてバランスが悪いという意味に思われることも。

「顔が小さいね」と褒めているが、相手が全然嬉しそうじゃなくて焦っている絵

それから一番気をつけなければいけないのが、

「肌の色」については、何も言わないで!!差別については、とても厳しい。

白黒黄紫ピンク緑など色々な肌の色の人達の絵

これは殆どの人が知っていると思いますが、たまにヒヤッとする会話を聞くことがあるので、ここでも書いておきます。

肌の色については、白黒紫緑黄…何色であろうが言わないほうがよいです

理由は人種差別に繋がるからです。

「美白」と褒めたつもりでも、外国人にとっては、「つまらない人」や「お金がなくてバカンスに行けない人」と思われることも

また、たとえ「美白」という意味で褒めたつもりでも、逆効果になってしまうこともあります。

アメリカでは小麦色の肌に憧れる人がたくさんいて、

夏にはビーチや公園や屋上で寝っ転がって肌を焼いています。

「日に焼けた肌=バケーションに行く余裕があって人生を楽しんでいる人」

「日に焼けていない白い肌=家に閉じこもっていて、友達もお金もない格好悪い人」

という考え方です。

結論:身体的特徴は言わない方が良い。

上の3つの例に共通することは、身体的特徴を言っているということ。

身体的特徴は、自分で選べないもの。

努力でどうこうできることではないことに対して言われると、悲しくなりますよね。

 

世界には数え切れないほどの国・文化・価値観があります。

それぞれ違う出身の人に対して、何を言ったら失礼になるかを全部把握するのは不可能ですよね。

上の3つの例以外でも、日本では褒め言葉でも、他の国では失礼になる事があると思います。

なので「とにかく身体については言わない」ようにするのが国際社会では無難です。

相手を褒めたい時は?

女性同士が褒め合いたい時には、服装を褒めるのが良い

1人目の女性がパーティ会場でI like your dressと言い、もう1人の女性がThank youと言っている絵

相手を褒めたい時ってありますよね。

単純に素敵だなと思ったり、友好を示したい時など、どうするかというと、

アメリカでよく聞くのが、

I like your hat. (その帽子ステキね)

など、相手の服装や髪型を褒めるということ。

これは特に女性同士の会話でよく聞きます

「あなたのドレス、素敵ね」とか「その髪型、好きよ」など。

これなら相手のチョイスを褒めているわけだから、

相手も嫌な気持ちにはならないし、友好的な気持ちをわかってもらえますよね。

男性を褒める時にも、服装を褒めるのが良い

男性を褒める時はどうしたらよいか、アメリカ人の旦那に聞いてみたら、やはり

That’s a nice tie (良いネクタイですね)

など、身につけているものを褒めるのが良いとのこと。服装を褒めるのが無難なんでしょうね。

男性が女性を褒める時は難しい。あえて褒めるよりも、レディーファーストなど行動で表すことをオススメ

男性が、彼女や妻ではない女性を褒めるのって、ちょっと難しいんです。

男性が女性の服装など身につけているものを褒めると、人によってはセクハラと受け取られることがあります。

なので、これは本当に自分の経験からくる私個人の意見なのですが、

男性が女性を褒めたい場合、言葉ではなく、朗らかな笑顔や挨拶、それと物腰柔らかな態度で示すことをオススメします。

「be nice (親切にする)」ってやつです。

でも、褒めたいときだけじゃなく、常にそうしていられたら、大人の男

そして、言葉は奥様や恋人限定にされてはいかがでしょう

私は、ニューヨークで恋愛関係にない男性から言葉で褒めてもらった事って、思い出せません。

言葉で褒めてもらわなくても、

周りの男性に会うたびに笑顔で丁寧に接してもらったら、多くの女性は自分を肯定されている気持ちで日々を過ごせるし、

そういう社会って、良いですよね。

(道端で「You are sexy…♥」って誰にでも言ってる人には褒められた事ありますよ。でもそれはまた別のお話)

結局、男女共に大事なのは、言葉よりも伝えたい気持ち

コミュニケーションは、何を言うかだけでなく、雰囲気や表情も大きく関わってきます。

なので少しくらい間違えても、友好的な気持ちが表れていればなんとかなります

基本を押さえて、気軽に国際会話を楽みましょう!

この記事を書いている人 - WRITER -
Yey
「海外に住むのって、簡単なんだ」 「1つだけより、他の文化も知ってたほうが、楽しいし、ラクだよ」 ということを感じてほしくて、ブログ書いてます。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© ニューヨークのイェイちゃん , 2018 All Rights Reserved.