A LIFE IN NYC グローバル化を楽しもう!

家事よりも、仕事やパーティーに価値を見出すアメリカ人妻。全てを両立する方法

Yey
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Yey
「海外に住むのって、簡単なんだ」 「1つだけより、他の文化も知ってたほうが、楽しいし、ラクだよ」 ということを感じてほしくて、ブログ書いてます。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは!

日本人しかいない田舎で育って、大人になってからニューヨークへ移住した、イェイです。

わたしは、ニューヨークで子育てをしているので、アメリカ人の家庭を見る機会が多くあります。

特に日本との違いを感じるのは、家事に対する意識の違いです。

目次

アメリカでは、妻も仕事を持つ方が良い

子供を抱っこしながら、電話で仕事をする、スーツを着た母親の絵

「主婦って、家で何やってるの?」と思われる

アメリカでは、妻であろうと、仕事をするのが普通なので、

主婦をしているというと、「家で1人で何やってるの?」と思われることが多いです。

アメリカで主婦をするのは、こんな人達

そうは言っても、ニューヨークに主婦が全くいないわけでは、ありません。

どういった人達が、主婦をしているかというと、

  • 未就学児(0~5才)を育てているお母さん
    (0歳からデイケアにあずけて、仕事をしているお母さんも多い)
  • 健康上の理由で、働けない人
  • 学生
  • 定年した人
  • 働かなくても生きていける収入があり、ボランティアなど、他に情熱を傾けることがある人
  • 働くビザを持っていない人(駐在妻など)

などです。

アメリカで、お母さんが主婦ではなく、収入を得られる仕事をする理由

女性だって、夢を追いかけたい!母親だって、自己実現のために働く

アメリカでは、自己実現のために働く人が多いです。

私の周りにいる、働いているお母さんの例をあげると、

  • ベストセラーになりたくて、執筆している人
  • 弱い人を助けるために、社会福祉センターで働いている人
  • 自分の世界を表現したくて、絵を描いている芸術家
  • 自分の会社を経営している人

などがいます。

ニューヨークには、結婚しても、母親になっても、夢を叶えるために働いている女性が、たくさんいます。

離婚が多いアメリカ。妻も自分の仕事を持っていたほうが良い

結婚しても、離婚率が多いアメリカ。

主婦を長く続けると、離婚をして、いざ働かなければならなくなった時に、就職しにくくなります。

キャリアに穴を開けないために、出産後にすぐに仕事に戻るお母さん達もいます。

アメリカ人は、仕事と家事の両立を、どうやって実現している?

お手伝いさんや、ベビーシッターを雇うことを躊躇(ちゅうちょ)しない

大人の時間は大人だけのものinアメリカ。大人はパーティーに出て、ベビーシッターが子供の世話をしている絵

家事は、お手伝いさんなどの、家事代行サービスを使って、

育児は、ベビーシッターやナニーを使う人が多いです。

(ベビーシッターを使って、大人の時間を確保するやり方を書いた記事は、こちらこちら)

家事代行サービスやベビーシッターを使うのは、富裕層だけではない

代行サービスを使うのは、やはり、金銭的に余裕がある、高所得の家庭が多いです。

でも、家事や育児の代行をお願いすることに、ためらいが少ないため、

多くの中間層や低所得者が、日本よりも気軽に、代行サービスを利用します

 

サービスの金額は、高いものから安いものまであるので、所得によって、頼む相手が違います

 

私はかつて、お母さんが働いている中所得の家庭で、ベビーシッターの仕事をしていました。

その家は、週2回、家事代行サービスを使っていました。

富裕層は、お手伝いさんなど、家事代行サービスを、常に雇っている

富裕層は、家事よりも、社交(パーティーなど)やチャリティーが大事

パーティーをするアメリカ妻たち4人の絵

テレビドラマでも、見たことがあると思いますが、富裕層の奥様達は、よくパーティーをします。

パーティーと聞くと、遊んでいるように聞こえるかもしれないけど、彼女たちは真剣です。

なぜなら、アメリカでは「人脈」、いわゆる「コネ」がとても大事だからです。

ゲストに楽しんでもらって、旦那や自分の人脈を広げたい。

できたら、周りの人の人脈をつなげることが出来る存在になりたい

べつに彼女たちは、家の装飾や、パーティーを仕切る能力を自慢しあっているわけではないです。(多少、そういう面もあるだろうけど)

その奥様たちだって、普段は専業主婦ではなく、仕事を持っていることが多いです。

(ウェディング・パーティーへ参加した経験を書いた記事はこちら

家事が全くできない事が誇らしい、メキシコ女性の話

私のメキシコ人の友人(女性40代)は、自分が料理できないことを誇らしく思っています。

理由は、自分が料理しなくても生きていける財力があるからです。

それと実家がお金持ちで、自分の母親も料理をした事が無く、

全てお手伝いさんにやってもらっていた環境で育ち、自分も料理なんてしない事が誇らしいのです。

家事をしない、若い一流芸能人奥さんにたいして、バッシングをする日本とは、価値観が違いますね。

中間所得者は、食器洗い機や、洗濯は乾燥機など、全自動に頼る

どの家庭にも、大きな食洗機がある

ほとんどの家庭では、小さな冷蔵庫くらいの大きさの食洗機を置いています。

マンハッタンで、洗濯機があるマンションはほとんど無い。衣類を洗った後は、乾燥機で乾かす

マンハッタンのマンションで、洗濯機が部屋にあるのは、とても珍しいです。

ウチのマンションは、洗濯機を部屋に置くことは自体が、禁止です。

マンションの建物の中か、近所のランドリー(ランドロマット)で洗濯をします。

 

洗った後の洗濯物は、ランドリーに設置されている、乾燥機で乾かします

洗濯物は外に干さないので、ベランダに物干し竿はありません。

低所得者は、ファストフードやシリアルなどで簡単に、時短ですます

食事は簡単にすます

低所得者の家庭は、家事代行サービスや、食洗機を買うお金がありません。

お母さんが働いている場合、どうやって家事と仕事と育児を両立するかと言うと、

ファストフードや冷凍食品を食事に出します

1日、1食だけという家庭も、まだまだ多いです。

貧困層の、子供の栄養不足は、アメリカの深刻な問題です。

安くても美味しい!1ドルピザの記事はこちら

低所得者層の街では、洗濯物を外に干してある

先ほど、洗濯物は外に干さないと書きましたが、

貧困地区や、治安が悪い地域では、洗濯物を外に干している風景を見ます。

所得によって、街の風景も変わってきます。

アメリカ人は、家事に価値を見出さない。家族のために妻が出来ることは、社会と繋がって、収入を得られる仕事をすること。

仕事といっても、外で会社員として働くだけではありません。

収入を得る仕事をするのは、自分のためにも、家族のためにも、社会のためにも良いことという価値観があります。

男女平等なアメリカ。お母さんだって、一人前に働く姿を、子供に見せたい

アメリカの子供が、「フェア」という言葉を発しているのを、よく聞きます。

それほど「平等」について、周りの大人が話しているのでしょう。

私のアメリカ人の友人(女性)は、

「私が外で働くのは、女性だって一人前に働く方が幸せなんだ、というのを子供に見せたいからよ」

と言っていました。

この記事を書いている人 - WRITER -
Yey
「海外に住むのって、簡単なんだ」 「1つだけより、他の文化も知ってたほうが、楽しいし、ラクだよ」 ということを感じてほしくて、ブログ書いてます。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© ニューヨークのイェイちゃん , 2018 All Rights Reserved.