A LIFE IN NYC グローバル化を楽しもう!

いろんな国の人の考え方を知ると、生き方の選択が増えるから、楽になる。

Yey
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Yey
「海外に住むのって、簡単なんだ」 「1つだけより、他の文化も知ってたほうが、楽しいし、ラクだよ」 ということを感じてほしくて、ブログ書いてます。
詳しいプロフィールはこちら

東京とNYを比べて、そんなに変わらないなぁと思っている絵

こんにちは。日本からニューヨークへ移住して、8年目のイェイです。

日本しか知らなかった私は、外国というと、本当に何もかもが違う異世界だと思っていました。

でも、実際にニューヨークへ来てみると、同じ人間どうし、共通する部分が多いことに驚きました。

でも唯一、日本社会とは決定的に違うと感じたのは、「多様な価値観が混在する中で、人々は、生き方を選びながら、生活している」ということでした。

いろんな生き方や考え方があるぶん、1つの価値観にとらわれずに、その人の状況に合わせて、その時一番良い物を選ぶことができるんですね。

「価値観の多様性」を知ると、「私の常識は世界の常識ではない」という事がわかる

ニューヨークは、それぞれ違う文化から来た人達の集合体だ。

ニューヨークは国際都市です。

いろんな国から来た人達が、同じ街に住んでいます。

それぞれ違う文化で育った人達の集まりです。

いろんな文化の出身の人達を見ると、いろんな考え方があることを感じる

ニューヨークに住んでいると、違う国や文化から来た人達と、友達になる機会が増えます。

そうすると、彼らの習慣や考え方について、知ることが出来ます。

知る前は、「良くないこと」と思っていたことも、理由を知ると、それに対する考えが変わってきます。

例1:デートを重ねても、他の異性と親密になってもよい

私の考え方が変わった例を出します。

日本にいる時には、定期的にデートを重ねている人達は、「付き合っている」のだから、他の人とデートをするのは「浮気」だと思っていました。

でもニューヨークでは、何年デートを重ねようとも、「他の人とデートをしない約束をする関係」にならない限り、相手が他の人とイチャイチャしたりデートをしても、文句は言えません。

この期間を「浮気よ!キーッ!!!(怒)」と怒るのではなく、お互いに相手を知る期間として、大切なものと認識するようになりました。

日本とは違う、アメリカでの恋愛の進め方の記事はこちら

例2:栄養バランスのとれた食事を出すよりも、家をキレイに保つほうが大事なアメリカ家庭

散らかっている部屋の前で、夕飯は出前を取ろうと思っている絵

わたしの価値観が変わった例を、もう1つ出します。

多くの日本の家庭では、親が子供に、栄養バランスがとれた食事を提供することが、優先順位の高いこととされています。

私自身も、栄養バランスのとれた食事を出すことが、最優先でした。

でも、多くのアメリカの家庭では、それよりも、家をキレイに保つことが大事とされているのを、見ました。

アメリカ人の家庭へ遊びに行くと、建物は古いけど、家中片付いていてどこもピカピカに保っています。

お客さんが来る時だけ、見られる部屋だけ片付けているわけではないんです。

ある日、旦那の友人と話していたら、「自分の母親は、部屋を汚すことを許さなかった」と言っていました。

 

だけど、子供のディナーはとてもシンプルで、時間も手間もかけない家庭が多いです。

わたしは、生活に追われて、ごちゃごちゃしている自分の部屋を見て、

「たまには、出前をとって、部屋を片付けるか」と思いました。

違う考え方や方法を知ると、自分にあった生き方を選択できるようになる。

自分が今まで知らなかった方法で、物事を対処している人が身近にいると、どちらの方法が自分に合っているか、自分で選ぶことができるようになります。

今まで常識だと思っていた「良いこと」への盲目な「思い込み」に対して、疑いが出てくるわけですね。

「これ、当たり前だと思ってたけど、それが最善の方法かな?

習慣に流されてない?

本当はもっと良い方法があるのかも…」

と思い始めます。

1つの価値観にとらわれないと、人生の幅が広がる。

日本は食事、アメリカはキレイな家と、日米で良い妻の条件を書いた絵。

わたしが独身だったら、1人の男性とデートをしている期間に、他の男性とデートするということも、アリなわけです!

(実際には、これは私の好きな方法ではないので、やらないですが)

ただそれは、相手がその考え方を知っていて、納得している場合だけにしましょう。

日本の価値観しか知らない人に対して、それをやるのは、あまり良いことではないですから。

 

既婚の私の選択は、

「基本、料理は自分でする。でも部屋が散らかりまくっている時には、出前や惣菜を出す日もある」です。

私はレストラン・フードを食べ続けると、体調を崩すので、これにしました。

注意:この記事は、「文化・価値観の多様性を知ると、生きるのが楽になる。NYに住んで一番良かったこと」という記事を大幅に編集したものです。

以前書いた記事は、情報を詰め込みすぎて、とてもわかりにくい記事になっていました。

なので、大幅にリライトをしました。

リライト前に書いた、以下の内容については、後日もっと詳しく書きますね!

  • 家事をしないことを誇りに思うメキシコ女性の話
  • 料理禁止!なルームシェア
  • 多神教についての話
  • アメリカの子供のお弁当の話
  • 国際都市ではルールが必要
  • 子供の頃、狭い価値観の中で苦しかった人は、ニューヨークに来るべし!
この記事を書いている人 - WRITER -
Yey
「海外に住むのって、簡単なんだ」 「1つだけより、他の文化も知ってたほうが、楽しいし、ラクだよ」 ということを感じてほしくて、ブログ書いてます。
詳しいプロフィールはこちら

Comment

  1. moco より:

    目からウロコ!!
    色んな事が!

    • イェイ イェイ より:

      いろんな選択を知っていたほうが、人生ラクになるし楽しくなる。
      だからこのブログを見てくださいというアピール (^_^;)

  2. akari より:

    散らかった部屋の絵が!!
    ラーメンが!植木が!ソープが!洗濯物が!はみ出た落書きが!!傘?
    めっちゃ分かる(笑)
    そして、旦那さんと子供とyeyさんの三者三様ぷりが
    申し訳ないが、面白かったです(笑)

    • イェイ イェイ より:

      子育てアルアルでしょー!
      もう怒る気力もない…

      旦那も大きい息子のようなものだし 😂

  3. […] と違う文化の人達の生活を、間近で見る機会が多いからだろう。(詳しくは、別記事「文化・価値観の多様性を知ると、生きるのが楽になる。NYに住んで一番良かったこと」をよんでね) […]

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© ニューヨークのイェイちゃん , 2018 All Rights Reserved.