海外で生きるコツ

いろんな国の人の考え方を知ると、生き方の選択が増えるから、楽になる。

日本しか知らなかった私は、外国というと本当に何もかもが違う異世界だと思っていました。

でも実際にニューヨークへ来てみると、同じ人間どうし共通する部分が多いことに驚きました。

ニューヨークに来たけど東京とあまり変わらないと思っている女性の絵

それでも唯一、日本社会とは決定的に違うと感じたのは「多様な価値観が混在する中で、人々は生き方を選びながら生活している」ということでした。

いろんな生き方や考え方があるぶん、1つの価値観にとらわれずに、各々の状況に合わせて一番良い物を選ぶことができるんですね。

「価値観の多様性」を知ると、「私の常識は世界の常識ではない」という事がわかる

ニューヨークは、それぞれ違う文化から来た人達の集合体だ。

ニューヨークは国際都市です。

いろんな国から来た人達が、同じ街に住んでいます。

それぞれ違う文化で育った人達の集まりです。

いろんな文化の出身の人達を見ると、いろんな考え方があることを感じる

ニューヨークに住んでいると、違う国や文化から来た人達と、友達になる機会が増えます。

そうすると、彼らの習慣や考え方について、知ることが出来ます。

知る前は、「良くないこと」と思っていたことも、理由を知ると、それに対する考えが変わってきます。

例1:デートを重ねても、他の異性と親密になってもよい

私の考え方が変わった例です。

日本にいる時には、定期的にデートを重ねている人達は、「付き合っている」のだから、他の人とデートをするのは「浮気」だと思っていました。

でもニューヨークでは、何年デートを重ねようとも、「他の人とデートをしない約束をする関係」にならない限り、相手が他の人とイチャイチャしたりデートをしても、文句は言えません。

この期間を「浮気よ!キーッ!!!(怒)」と怒るのではなく、お互いに相手を知る期間として、大切なものと認識するようになりました。

例2:栄養バランスのとれた食事を出すよりも、家をキレイに保つほうが大事なアメリカ家庭

散らかっている部屋の前で、夕飯は出前を取ろうと思っている絵

わたしの価値観が変わった例を、もう1つ紹介します。

多くの日本の家庭では、親が子供に、栄養バランスがとれた食事を提供することが、優先順位の高いこととされています。

私自身も、栄養バランスのとれた食事を出すことが、最優先でした。

でも、多くのアメリカの家庭では、それよりも、家をキレイに保つことが大事とされているのを、見ました。

アメリカ人の家庭へ遊びに行くと、建物は古いけど、家中片付いていてどこもピカピカに保っています。

お客さんが来る時だけ、見られる部屋だけ片付けているわけではないんです。

ある日、旦那の友人と話していたら、「自分の母親は、部屋を汚すことを許さなかった」と言っていました。

だけど、子供のディナーはとてもシンプルで、時間も手間もかけない家庭が多いです。

わたしは、生活に追われて、ごちゃごちゃしている自分の部屋を見て、

「たまには、出前をとって、部屋を片付けるか」と思いました。

家事よりも、仕事やパーティーに価値を見出すアメリカ人妻。全てを両立する方法こんにちは! 日本人しかいない田舎で育って、大人になってからニューヨークへ移住した、イェイです。 わたしは、ニューヨークで子...

違う考え方や方法を知ると、自分にあった生き方を選択できるようになる。

自分が今まで知らなかった方法で、物事を対処している人が身近にいると、どちらの方法が自分に合っているか、自分で選ぶことができるようになります。

今まで常識だと思っていた「良いこと」への盲目な「思い込み」に対して、疑いが出てくるわけですね。

「これ、当たり前だと思ってたけど、それが最善の方法かな?

習慣に流されてない?

本当はもっと良い方法があるのかも…」

と、今までの常識を疑うことが出来るようになります。

1つの価値観にとらわれないと、人生の幅が広がる。

日本は食事、アメリカはキレイな家と、日米で良い妻の条件を書いた絵。

他の国の価値観を受け入れると、選択の幅が広がるため、生きるのが楽になります。

例えば、アメリカでわたしが独身だった場合、1人の男性とデートをしている期間に、他の男性とデートするのも問題なわけです!

(私はこの方法が好きではないので、やらないですが)

ただそれは、相手がその考え方を知っていて、納得している場合だけにしましょう。

日本の価値観しか知らない人に対してそれをやるのは、あまり賢い方法ではないですから。

もう1つ、私の人生の選択の幅が広がった例として挙げるとすれば、料理と片付けのバランスについてです。

今までは料理を優先的にやってきましたが、これからは「基本、料理は自分でする。でも部屋が散らかりまくっている時には、出前や惣菜を出す日もある」というように変えて行くつもりです。

[jetpack_subscription_form]