留学

【アメリカ留学】授業に積極的に参加するのが大切だと実感した体験と理由3つ

日本では、授業中は静かにしていることを求められがち。

でも、アメリカの大学では、授業に積極的に参加し、時には発言をすることが大事です。

これは、ニューヨークの大学で、実際にわたしが体験したことです。

アメリカの大学で英語での授業に一生懸命ついていこうとしている日本人留学生イェイさんのイラスト アメリカの大学で授業中に問題を投げかけて発言を待っている先生と、誰も発言をしないで静まり返っている生徒達のイラスト

先生の質問に対して、机に脚を乗せながら答えているアメリカ人生徒のイラスト

生徒が発言したことを嬉しく思い、褒めるアメリカ人の先生のイラスト

アメリカの大学で、授業に積極的に参加をするのが大切な理由3つと、発言するときのコツを紹介します。

目次

理由1:アメリカの大学では、授業に積極的に参加することが求められるから。

教授は、マナーが良くて静かな生徒よりも、マナーが悪くても授業に積極的に参加する生徒に喜んだ!

ニューヨークで大学生をやっていた時のことです。

先生が生徒に意見を求めた時に、誰も発言しなくて、クラスは静まり返っていました。

けれど突然、ある生徒が、とてもフランクな雰囲気で自分の意見を述べました。

その時の生徒を見たら。。。

なんと、両脚を机の上に乗せて、イスにのけぞりながら発言していました!

これを見たときはオッタマゲました!!!

でも先生はマナーの悪さを指摘するどころか、自分の意見を発言した彼女に対して、嬉しそうでした。

教授の立場になってみれば、理由がわかる。生徒に発言を求めて、誰も何も言わなかったら、情熱が失せるよね

誰も発言してくれなければ、教える情熱が無くなりますよね。

それに相手はもう大学生だし。

子供じゃないんだから、マナーを教えるのが教授の仕事じゃないですもんね。

理由2:たとえテストの点数が良くても、授業に積極的に参加しない生徒は、良い成績をもらえないこともある。

授業に積極的に参加することをClass participationといいます。発言したり、グループワークのリーダーを務めたり、授業に貢献したり、積極的にディスカッションをすることです。

アメリカの大学でうまくやるコツは、恥ずかしがらずに発言することです。

Class participationと言って、授業にどれだけ「参加」したかで成績が変わるクラスもあります。

「参加する」というのは、「出席する」という意味ではありません。

アメリカの大学は、出席するのは、大前提です。多くの授業は、3回休んだら単位がとれないなど、ルールがあります。

「参加する」というのは、発言したり、質問したり、グループ課題のリーダーを務めたり、授業へ貢献したり、積極的にディスカッションするなど、クラス内で何らかの行動をすることです。

実際、彼女の成績は、最高である「A+」だった

漫画の脚を机に乗せていた生徒は、正解とはほど遠い答えをよく発言していましたが、成績は最高である「A+」でした。

彼女のテストの点数までは知りませんが、Class participation(授業に積極的に参加すること)で、成績が良くなっている1つの例でしょう。

テストの点数が良くても、シャイすぎて全く発言しなかった男子生徒の成績は、「A」だった

わたしは、とてもシャイで、授業中に全く発言しなかった男子生徒と仲良しでした。

彼のテストの点数は、ほぼ満点。でも、彼の成績は「A」でした。

アメリカの大学では、最高の成績が「A+」で、次に良い成績は「A」です。

脚上げ彼女のテストの点数を知らないので、一概に比べられませんが、もしシャイな男子生徒が発言していたら、成績は間違いなく「A+」だったでしょう。

授業によって、どれだけ授業に参加することが求められるかは違う。スピーキングや少人数の授業は、積極的な参加が大事。

ある授業はテストの点数のみを考慮。でも他の授業は、積極的な姿勢が大事。というように、授業によって、成績の付け方は違います。

教授が何を基準に成績をつけるかを知るには、授業の初日に配られるシラバスという紙で知ることが出来ます。

シラバスには、授業スケジュールやテストについて、または成績の付け方などが書かれています。

よくある特徴としては、スピーキングのクラスや生徒数が少ない授業は、積極的な参加が求められる場合が多いです。

理由3:授業に積極的に参加する生徒は、他の生徒と仲良くなりやすい。

授業中に、いるのかいないのか、わからないような生徒は、他のクラスメートから顔を覚えてもらいにくいです。

おちゃらけて、悪目立ちしたらダメですが、時には発言をしたり、グループワークでリーダーを務めると、他のクラスメートと仲良くなる機会が増えます

英語が母国語でない留学生にとって、他の生徒と協力して勉強することにより、良い成績を取りやすくなるでしょう。

更に、人脈がとても大事なアメリカ社会では、大学時代の友達は、将来の仕事や、自分の人生にも、大きく関わってきます

発言する時のコツ:正解か間違っているかより大事なことは、他人を尊重しつつ、自分の意見を言うこと

私達日本人は、授業中は静かにするように訓練されたようなもの。

頭ではわかっていても、いきなり発言したり、自分の意見を言うのは難しいですよね。

でも、クラス内で発言する内容については、答えが間違っててもいいんです。

他人と違う考え方は、「個性」とみなされます。

そして、授業中は「学ぶ場所」であり、生徒は「学んでいる最中」です。

なので、その時には間違った答えを言っても、テストの時に正解がわかっていればよいのです。

大事なのは、他人の意見や人権を尊重しつつ、自分の意見を発言すること

それと、相手の意見を尊重することです。

脚上げ生徒から学んだこと:脚上げは真似しないほうが良いけど、考えすぎて自分の意見を言わないのは、もったいない

脚上げは真似しないほうが良いです。

いくらフレンドリーなアメリカだからといって、脚上げを気にしない教授の方が少ないでしょう。

でも、彼女から学ぶことはありそう。

例えば、もっと気軽に自分の意見を言っていいんだ!とか。

例えば、恥ずかしくて発言しないって、教授の気持ちを考えると、もしかしてエゴ?とか

例えば、テストが良い点数でも、積極的に参加しないと、最高成績がもらえないこともあるんだ!とか。

勇気を出して、1回発言すると、次回からは楽に発言できるようになりますよ!

楽しい留学生活を送ってね~☆

【留学】アメリカ人の友達の作り方。笑顔の効力!英会話も紹介するよ。落ちこみますよね。。。 最初は情熱マックスで、その地におりたったのに。 「現地の人たちと友だちになって、ホームパーティーに呼ばれちゃって...

ABOUT ME
イェイ
イェイ
「海外に住むのって、簡単なんだ」 「1つだけより、他の文化も知ってたほうが、楽しいし、ラクだよ」 ということを感じてほしくて、ブログ書いてます。