A LIFE IN NYC グローバル化を楽しもう!

アメリカでのクシャミのマナー2つ

Yey
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Yey
「海外に住むのって、簡単なんだ」 「1つだけより、他の文化も知ってたほうが、楽しいし、ラクだよ」 ということを感じてほしくて、ブログ書いてます。
詳しいプロフィールはこちら

日本でクシャミをする時には、鼻と口を両手やハンカチで覆うのがマナーだ。

日本のくしゃみのマナーは両手やハンカチで鼻と口を押えることを描いた絵

アメリカでクシャミをする時のマナーはどうかというと、↓こんな感じ。

アメリカのくしゃみのマナーは、自分の腕で鼻と口を押えることを描いた絵

自分の腕で鼻や口をおさえる。

理由は、よく握手をする文化だから。手に鼻水や唾がついた相手と、握手をしたい人はいないよね。

アメリカでは、あまりハンカチを持ち歩かない。トイレなどで洗った手を拭きたい時には、ペーパータオルを使う。

鼻水が手に付いて、他人に風邪や病気などを移してしまうよりは、自分の腕に付いたほうがマシという考え。

「Bless you」と言ってあげる

くしゃみをした人に対して、近くにいる人と遠くにいる人がBless youと言っている絵

周りにクシャミをした人がいたら、「God Bless you(ゴッド ブレスユー)」とか「Bless you(ブレスユー)」と言ってあげる。それが全く知らない他人であっても、相手が遠くにいても、静かな場所であっても。

クシャミをすると、魂が抜けてしまうが、周りの人が「Bless you」と言ってあげることによって、魂が元に戻るという言い伝えが元らしい。

言われた方は、「Thank you」と、お礼を言う。

アメリカ人に「日本ではクシャミをした時にかける言葉ないよと」言うと、いつもすごく驚かれる。

旦那に「子供の頃、兄弟喧嘩をしている時にも、相手がクシャミをしたら、Bless youって言ってた?」と聞いたら、「言っていた」との答えが返ってきた。

「Bless you」というのは、それだけ大切な言葉だ。

アメリカでは、クシャミのマナーは、子供に最初に教える大切なことの1つ。

アメリカへ行った時には、恥ずかしがらずに、ぜひ真似をしてみてね!

タロちゃん占い

お友達と楽しいおしゃべりができるかも。

この記事を書いている人 - WRITER -
Yey
「海外に住むのって、簡単なんだ」 「1つだけより、他の文化も知ってたほうが、楽しいし、ラクだよ」 ということを感じてほしくて、ブログ書いてます。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© ニューヨークのイェイちゃん , 2018 All Rights Reserved.