A LIFE IN NYC グローバル化を楽しもう!

【日・アメリカ子育ての違い】Parents’ Night Outでデートをする両親。大人の時間は大人だけの物

Yey
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Yey
「海外に住むのって、簡単なんだ」 「1つだけより、他の文化も知ってたほうが、楽しいし、ラクだよ」 ということを感じてほしくて、ブログ書いてます。
詳しいプロフィールはこちら

日本とアメリカ、子育ての違い

日本では、親になったら、「父ちゃん」「母ちゃん」に徹する事が求められる。

夫婦だけでディナーに行ったり、子供の前でキスなんかしたら、子供だけでなく、近所、親戚、PTA、その他全ての人から、何を言われるか、わかったものではない。

アメリカでは、許されるどころか、「それは大事だから、どんどんしなさい!」という価値観である。両親は仲が良いほうがいいし、ディナーどころか、子供を祖父母に預け、夫婦で何週間か外国旅行に行っちゃう人だっている。

大人の時間は大人だけのもの

子供の安全は守るが、大人の世界に子供は入れない。大人の時間は大人だけのもの、という認識があるアメリカ。

大人のパーティーには、夫婦揃って招待される。しかしそこに子供は招待されない。

大人は夫婦揃って大人のパーティに出席している一方、子供がベビーシッターと家で留守番をしている絵

以前、「アメリカの結婚式は、まるでナイトクラブ☆爆音ミュージックとブラックライトで、大騒ぎ!」という記事を書いた。

私達の子供はまだ小さすぎて、結婚式につれていけなかった。旦那の親友が、この上なく子供の世話上手。それ以外でも、完全に信頼できる人なので、彼に来てもらい、子供の面倒を見てもらった。

多くの場合、乳幼児はたいていベビーシッターに預けられて家でお留守番。式によっては会場の別室で、ベビーシッターに世話をしてもらったりもする。

実際、私はベビーシッターとして、結婚式当日に、別室で赤ちゃんのお世話の仕事をさせてもらったことがある。

それはインド人の結婚式だったが、ゲストも新郎新婦も、色とりどりのサリーを着て、きらびやかだった。

↑その記事でも書いたが、結婚式は夜中の12時過ぎまで続く。実際、そのインドの結婚式も、夜中2時まで子守の仕事は続いた。

Parents’ Night Out

NYでは、結婚をしたら、ほとんどのカップルは、親と一緒には住まない。

子供の面倒を見てもらえる親族が近くにいない多くの親は、ベビーシッターやナニーを雇う。しかし、恐ろしい事件なども起こっている。なので私達夫婦のようにベビーシッターを雇わない家庭もある。

そんな家庭の救世主が、テレレレッテレー♪

PARENTS’ NIGHT OUT☆☆☆彡
(ペアレンツ ナイトアウト)

Parents’ Night Outという文字と、それを囲むパーティクラッカーの絵

これは、幼稚園が何ヶ月かに1度、定期的に行うもので、希望する子供を、夜まで面倒を見てくれるもの。その間、両親はデートに出かけたり、夫婦で家でゆっくり過ごしたりする。

追加料金は必要だが、いつも通っている幼稚園で、お友達と一緒に過ごすので、親も子供も安心なのだ。

子供達はパジャマに着替え、一緒にピザを食べ、ゲームをし、映画を観てすごす。親が戻ってくる頃には、子供達は寝ているので、親もラク。

幼稚園の先生に見守られながら、子供たちが一緒にピザを食べ、その後映画を一緒に観て、一緒に寝ている絵

ウチの子は、人が好きで、幼稚園が大好きで、先生が大好きで、お友達の名前を嬉しそうに言う。なので、夜までの日は大喜びだ。(家も好きなはずなんだけどなぁ)

そうやって、親も子も、自分の時間を楽しむのがアメリカ流なのだ〜

この記事を書いている人 - WRITER -
Yey
「海外に住むのって、簡単なんだ」 「1つだけより、他の文化も知ってたほうが、楽しいし、ラクだよ」 ということを感じてほしくて、ブログ書いてます。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© ニューヨークのイェイちゃん , 2018 All Rights Reserved.