A LIFE IN NYC グローバル化を楽しもう!

ニューヨーカーはオーガニックが大好き!こだわり&お勧めスーパー3つを紹介

Yey
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Yey
「海外に住むのって、簡単なんだ」 「1つだけより、他の文化も知ってたほうが、楽しいし、ラクだよ」 ということを感じてほしくて、ブログ書いてます。
詳しいプロフィールはこちら

それはオーガニック?牛と卵と鶏とほうれん草とトマトの絵

こんにちは!日本からニューヨークに移住したイェイです!

 

アメリカの食事ってどんなイメージですか?

安くて添加物いっぱいのファストフードと、砂糖いっぱいのソーダばかり食べている?

野菜を全く食べずに、肉ばかり食べている?

サプリメントを取るのみで、食べ物をほとんど食べない人がいる?

もちろんアメリカと一言で言っても、いろんな人がいます。

地域や所得によっても変わってきます。

でも、ニューヨーカーは、食への意識が、めちゃくちゃ高いです!

オーガニックフードが大好きです!!

ニューヨーカーと日本人の、食材へのこだわりの違いと、オーガニックフードが買えるおすすめスーパーを紹介します☆

(ニューヨークのスーパーを使いこなすコツについてのブログはこちら

日本人とニューヨーカーでは、食品へのこだわり所が違う

健康でいたいのは、どの国に住んでいても変わりません。

でも、その方法は地域によって違います。

日本人とニューヨーカーでは、食品に対して、こだわりが違います。

日本人のこだわり所は、野菜のおかずを増やしたり、多くの食材を使って、栄養バランスが良い食卓にすること

日本では、「食育」といって、学校で基本的な栄養バランスを教えてもらったり、食生活の指導を受けます。

「一日30品目を目標に、栄養バランスよく食べなさい」なんて教えられたものです。

和食は、野菜中心で、一度にたくさんの種類の食材を使うところが良いですよね。

ニューヨーカーのこだわり所は、オーガニックかどうか/食材が自然な環境で育ったかどうか

ニューヨーカーは、健康な食事をするために、努力を惜しみません

普通の食材の何倍もする金額を払って、オーガニック食材を買ったり

オーガニックではなくても、できるだけ自然に近い環境で育った食材を選びます。

味が第一ではなく、少しくらい美味しさが落ちても、健康に良いとされる物を選ぶのも、よく見る光景です。

ベジタリアンとして生活することを選択する人もたくさんいます。

マンハッタンのスーパーは、オーガニック食材だらけ。値段が高くても、オーガニック食品を買う

スーパーに並んだ果物ほとんどがオーガニックで驚いている絵

ニューヨークでは、オーガニックフードは当たり前

マンハッタンのスーパーでは、売り場の半分がオーガニックというのは、珍しくありません。

もちろんオーガニック食材は、そうでない物と比べて、値段が高いです。

物によっては2~3倍以上の値段が付いています。

牛肉なんて、少しの量を買っても、すぐにお金が飛んで行ってしまいます。

 

日本ではオーガニックは、「高いだけで意味が無い」とか、「妄信的でカルトっぽい」と思っている人が多いようですが、

ニューヨーカーは、オーガニックは健康に良いものと捉えていて、ネガティブなイメージを持っていません。

それどころか、多くの人が、通常の何倍もの値段を払ってまで、オーガニック食材を買います

オーガニックフードを買うのは、母親だけではない。いろんな立場やいろんな国の人が、オーガニックを信用している

スーパーへ行くと、独身男性、若い女の子、老夫婦、子供など、老若男女がオーガニックフードを買っていくのを見ます。

人種もそれぞれで、欧米人に限らず、東アジアや西アジア、アフリカなど、本当に様々な人達が、オーガニックフードを信用しています

 

わたしが、ニューヨークへ来て一番最初に「オーガニックフード」を意識したのは、

ギリシャ出身の20代前半の女の子の家に遊びに行った時でした。

イケイケで、パリピな彼女でしたが、

「全ての食材はオーガニックであるべきでしょ」と言い、

オーガニックの卵と野菜で、オムレツを作ってくれたことがありました。

外で見る彼女のイメージとのギャップが、衝撃的でした。

ニューヨーカーは、ジャンクフードを買う回数を減らし、オーガニックフードを買う努力をしている。

もちろん家庭によって考え方は様々ですが、

多くの中流家庭は、オーガニックの食材を買おうと努力しているし

上流家庭は全てオーガニック食材で揃えていることが多いです。

低所得の家庭であっても、多くのジャンクフードを買う代わりに、一つでも多くのオーガニックフードを買おうと、努力をしている家庭がたくさんあります。

ニューヨークに住んで、食品への意識と、こだわり所が変わった

アメリカに比べて、日本の食は健康的だと信じていました。

でも、ニューヨークで結婚をして、子供を産み、母親になって、食品への意識が変わってきました。

日本にいた時には、全く気にしなかったことを気にするようになりました。

食品の材料そのものや、肉や野菜が育つ過程や環境も、気にするようになりました。

オーガニック食品が買えるスーパーマーケット

マンハッタンのほとんどのスーパーでオーガニックフードを買うことが出来ます。

わたしがオーガニックフードを買う時に、利用しているスーパーを紹介します。

ホールフーズ Whole Foods Market

オーガニックと言えば、ホールフーズ!

全てがオーガニックではありませんが、多くのオーガニック食品を売っています。

食品と飲み物は、ホールフーズ独自の審査を通った商品しか置いていません

硬化油や人工着色料、人工調味料、人工防腐剤、もしくは人工甘味料を使ったものは、審査でに通らないので、店に置いていません。

 

ホールフーズでは、どの原材料を使っている商品は置かないかが書かれている、公式ページです。↓(アメリカ国内でしか見れません。アメリカ在住の方は見てみてください)

https://www.wholefoodsmarket.com/about-our-products/quality-standards/food-ingredient

ネットで注文して、宅配するサービスもあります。

トレーダージョーズ TRADER JOE’S

こちらも、全ての食品がオーガニックというわけではないですが

比較的 安くオーガニック食品を買える店として重宝しています。

ほとんどがオリジナル商品なので、安く提供できるのです。

 

野菜や果物は充実していますが、魚は冷凍くらいしかありません。

 

そして、普通のスーパーに売っている商品は、あまりありません

「このメーカーのこの商品が欲しい!」という時には、他のスーパーへ行ったほうがよいです。

トレーダージョーズの公式ホームぺージはこちら↓

https://www.traderjoes.com/

フレッシュダイレクト Fresh Direct(ネットスーパー)

子供が産まれた直後は、本当にお世話になった、大好きなネットスーパーです。

普通の食材、オーガニックフード、牧草のみ食べさせて育てた肉や、抗生物質や成長ホルモン剤を使ってない肉など、選択が多いです。

食品がカテゴリーごと分かれていて、とても見やすいです。

わたしのように、

「スーパーにいると、なかなかゆっくり選べない。だから、自宅で気が済むまでこだわって買いたい

という人にはピッタリです。

 

3年ほど使っていて、卵が割れていたことが数回ありました。

メールで連絡をすると、3時間以内に返信が来て、全額返済してくれました。

(次回買い物するときに、その分差し引いてくれる)

対応も誠意を感じるし、カスタマーサービスがとても良いです。

 

少し割高だけど、一番近くのスーパーよりも安いので、期間限定で使っていました。

 

送料は、年会費を払う、その度毎払うなどありますが、よく「最初の何ヶ月かは無料」など、キャンペーンをやっています。

 

荷物は、時間指定をして、自宅まで運んでもらえます。

送料を払っているので、チップは必要ではありません

配達員は、チップをせがんではいけないという決まりがあり、チップ無しでも嫌な態度はしません

でも、わたしは大雨の日や雪の日、またはクリスマスなどの祝日やその前後は、感謝の気持ちを込めて、チップを渡していました

フレッシュダイレクトのホームページはこちら↓

https://www.freshdirect.com/index.jsp?serviceType=HOME

 

オーガニックもスーパーによってイロイロ。楽しんでね☆

この記事を書いている人 - WRITER -
Yey
「海外に住むのって、簡単なんだ」 「1つだけより、他の文化も知ってたほうが、楽しいし、ラクだよ」 ということを感じてほしくて、ブログ書いてます。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© ニューヨークのイェイちゃん , 2018 All Rights Reserved.