雑記

外国人は時間にルーズ?ニューヨーカーの時間の概念について

目覚まし時計の絵

前回は、今までは普通の行動をしていたのに、「イェイは海外在住」を知った途端に「悪い仲間扱い」してくる人達の事例を紹介しました。

男性B
男性B
海外=パリピで自由

というイメージがあるからでしょう。

今回は、ニューヨーカーが「時間」について、どのように考えているかを考察していきます。

男性A
男性A
外国人は時間守らないから、

俺も守らん

イェイ
イェイ
いや、

そんな単純な話じゃないんだよ

ニューヨークに住んでいる私の体験が元になっているので、他のアメリカの地域とは違うかもしれませんが、

そこも踏まえて楽しんでもらえたら嬉しいです。

旦那
旦那
ニューヨークは

独特の文化があるね

ニューヨーカーは時間を守る?

たしかに日本に比べると、時間に緩かったり、予定が直前で無くなる事はあります。

いろんな国や文化から来てる人達が集まっているから、日本人が言う「常識」のような物はありません。

マナーやルールはあるけど

「常識」は人それぞれ違うよね

なので、「時間を守るかどうか」は、個人の意識によってそれぞれ変わってきます。

医者にアポをとっても、30分待つのはよくあること

やっぱり、待ち合わせの時間などは遅れてくる人は多いです。

アメリカは医者は、会う時にアポをとるのですが、

アポをとっても、20~30分待たされるなんてザラです。

息子
息子
僕の小児科医は
いつも1時間待たせたよ
イェイ
イェイ
だから、小児科を変えたよね

アメリカ人は待たされる事に慣れているのかと思いきや、

口コミサイトなどでは、文句を書いている人がたくさんいるし、

アメリカ人の旦那もその度に怒っているので、気にする人は気にするのでしょう。

予測して、本とか持ってけば?
そーゆー問題じゃないっ

多忙なニューヨーカーは、時間にルーズな人を避けるようになる

時間泥棒の絵

ただ、時間に厳しい人は、時間にルーズな人を避けますよね。

友達であろうとビジネス相手であろうと。

お金持ちって、時間単価が高い(一時間で稼げる金額が大きい)人が多いですから、

自分の貴重な時間を無駄にされたら、次は無いってことです。

時間の価値を知っている人は、時間を守らない人とビジネスしない

時間を守る人は、上質なビジネスを得る可能性が高まる

というのはあるでしょう。

類は友を呼ぶ
だね

そんな、他のアメリカ地域よりも時間に厳しめなニューヨークですが

日本とは違う面もあります。

日本のように、「時間を守ること」が目的にならない

日本では、礼儀正しさとか時間を守る姿勢が評価されますよね。

あいつは毎朝

1番に出社するから

とか、

仕事うんぬんよりも

笑顔で挨拶が一番大事

と言うようなことを、日本で働いていた時に、何度か聞きました。

ここニューヨークでは、「仕事が出来なくても、時間さえ守れば」という概念は無いです。

もちろん、時間を守るに越したことはないですよ。

でも、やっぱり結果が大事ですね~

ここではわかりやすいように、

「金持ち」と

「貧乏」の

意識の違いを見てみよう

金持ちニューヨーカーの思考

ここニューヨークで感じることは、

時間単価が高い(収入が高い)ビジネスマンの場合、

目的が「仕事をしてる風を見せる」じゃなくて、

「プロジェクトを進める」とか、「ビジネスを成功させる」という事だけを見ている人が圧倒的に多いです。

貧乏ニューヨーカーの思考

で、時間単価が低い(収入が低い)人たちは、

そもそも「時間を守る」という概念が薄いように見えます。

「相手の貴重な時間を奪う」なんて発想自体なかったり。

これについて掘り下げたら

本一冊かけちゃうテーマだから

機会があれば、詳しい記事を書くかも

まとめ:どの国であろうと、大事なこと

日本であろうと海外であろうと、

相手の時間を尊重できる人は、そのような扱いをしてくれる人に囲まれるし、

そのまた逆もしかりってことですね。

時間いつもルーズな人の所には
もう行かない!!

ってなるよね

小児科を変えたようにね

海外に住みながらも、相手の時間の価値を忘れずに生きていきたいと思います。

ただ、「時間さえ守れてれば良い」といった考え方に陥らないように注意しないといけないですね。

手段に囚われて、目的を忘れちゃいけないね

次回は、「アメリカ人ってアフターファイブは働かない」なんて大嘘だ~!についてです。