A LIFE IN NYC グローバル化を楽しもう!

【ニューヨーク生活】窓にカーテンが無くてもOKな3つの理由☆丸見え気にしな~い

Yey
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Yey
「海外に住むのって、簡単なんだ」 「1つだけより、他の文化も知ってたほうが、楽しいし、ラクだよ」 ということを感じてほしくて、ブログ書いてます。
詳しいプロフィールはこちら

こんちは!

自由すぎるニューヨーカー達に、いつもハラハラさせられているYeiイェイです!

何にハラハラしているかって?

向かいのアパートの部屋の窓に、カーテンが無いんですよ!!!

ニューヨークのマンハッタンで、カーテンやブラインドなしの部屋で生活する人々

1部屋じゃないですよ。

アパートの半分くらいの部屋に、カーテンも、ブラインドもないんです。

ノー・カーテンライフをエンジョイしてるんです☆

でも、これって珍しいことじゃないみたい。

向かいのアパートの半分の部屋に、カーテンがないことに驚いている日本人と、マンハッタンでは普通と言っている友人

マンハッタンの高層階に住む人々にとって、窓に何もつけないことって、けっこう普通。

 

最初にソレに気がついたのは、高層アパートの部屋に住んでいる友達をたずねた時。

向かいの高層アパートの部屋の中が、まる見え!!

驚いたけど、友人いわく「ニューヨークではよくあるよ~」とのこと。

5階くらいから、カーテンつけない部屋が多くなる

マンハッタンでは、ビルの1階は、アパートのコンシェルジュがいる入り口だったり、レストランやクリーニング店などの、店舗が入っています。

2階から居住エリアになるんだけど、だいたい5階より上の階になると、カーテン率が減ってくるよう。

カーテンもブラインドも付けない理由は?

理由1: センスよく、整頓されている部屋を自慢したい

以前、別記事で、アメリカ妻のいちばん大事な家事は、部屋をキレイに保つ事、ということを少し書きました。

 

たしかに、カーテンを使っていない部屋は、どの部屋もステキ☆

これなら、自慢したくなっちゃうのも、わかります。

 

例えば、

  • 一人暮らしと思われる男性の部屋は、白と黒のモノトーン。巨大スクリーンでスポーツ観戦していたり
  • きちんと手入れされた、たくさんの観葉植物がおいてある部屋があったり
  • 「古き良きアメリカ」といった感じの、重厚そうな家具と、広いスペースを惜しみなく使っている部屋があったり。

(けっして覗いているわけではありませぬ。)

理由2: 開放感がヤミツキになっちゃった♪

そういえば、

タイムズスクエア辺りの高層ビルに住んでいる知り合いも、窓オッピロゲでした。

理由を聞いたところ、「開放感がたまらない♡」とのことでした。

その人は、夜もカーテンを閉めないそうです。

眩しくて眠れなさそうだけど。。。

「むしろ安心する」のだとか。

 

ヤんでるね~

理由3: オランダなど、家の中を見せる文化圏から来ている人たちの習慣

ヨーロッパでは、カーテンやブラインドを付けずに、生活丸見え文化があるそうです。

特にオランダやフランスがそうみたい。

 

あけっぴろげ生活ができるほど、部屋を常にキレイにしていたいものです。ものすごく散らかった部屋と、片付ける気のない人たち

(これが現実だわよ↑)

おわりに。

(↑こんなシーンあったような?)

そういえば、ドラマ「フレンズ」で、モニカとレイチェルとフィービーが、向かいのアパートを覗いていたことがありました。

あれを見たときは、「相手も、さすがにカーテン閉めるっしょ!」と思ったけど、

ニューヨークでは、ありえる話だったんだ~。

この記事を書いている人 - WRITER -
Yey
「海外に住むのって、簡単なんだ」 「1つだけより、他の文化も知ってたほうが、楽しいし、ラクだよ」 ということを感じてほしくて、ブログ書いてます。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© ニューヨークのイェイちゃん , 2018 All Rights Reserved.