算数

小1算数【足し算テク】Near Doubles 1つ大きな数字を速攻で足す方法

今回は、算数の足し算テクニックの一つ、Near Doublesについてです。

(3月に習いました)

Doublesの応用編になります。

1つ大きな数字を足す場合、(例えば2+3、4+5、5+6など)

小さい数字を足した数と、大きい数字を足した数の、真ん中の数が答えというもの。

例題を見ながら、説明していきます。

PC

説明

Near Double Fact: 4+5=9

今回は、4+5をすぐに計算できるようにするテクニックです。

小さい数字である4を2つ足してみよう↓

Helper Double Fact: 4+4=8

大きい数字である5を2つ足してみよう↓

Helper Double Fact: 5+5=10

答えの8と10の間の数字である「」が、4+5の答えになるよ。

表も、ヒントとして出ていました。

**
**
**
***

例題

Near Double Fact: 5+6=11

Helper Double Fact: 5+5=10

Helper Double Fact: 6+6=12

***
**
***
***

練習問題

_に入る数字は何でしょう?

Near Double Fact: _ + _= _

Helper Double Fact: _ + _= _

Helper Double Fact: _ + _= _

*
*
*
**

答え

2+2=4

3+3=6

2+3=5


Near Double Fact: _ + _= _

Helper Double Fact: _ + _= _

Helper Double Fact: _ + _= _

****
****
***
****

答え

8+8=16

7+7=14

8+7=15


Near Double Fact: _ + _= _

Helper Double Fact: _ + _= _

Helper Double Fact: _ + _= _

**
*
**
**

答え

3+4=7

3+3=6

4+4=8