A LIFE IN NYC グローバル化を楽しもう!

NYのキッズフレンドリー(子連れ歓迎)レストラン「ランドマーク」

Yey
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Yey
「海外に住むのって、簡単なんだ」 「1つだけより、他の文化も知ってたほうが、楽しいし、ラクだよ」 ということを感じてほしくて、ブログ書いてます。
詳しいプロフィールはこちら

子供がもうすぐ3歳になる。今までは週末のブランチかディナーは、よく外食をしていた。だけどそろそろ、イヤイヤ期 真っ盛りの子供を連れての外食は、キツくなってきた。

今は小さい頃と違って、こぼすのにグラスの水を飲みたがるし、大人のナイフやフォークに手が届いちゃうし、すぐに飽きてグズるし。

なので、これから1~2年はレストランは無理だな~と思っていた。が、もう何ヶ月も前から、私はエイジドステーキ(乾燥熟成牛)が食べたくて仕方がない。

先日、旦那が珍しく早く帰ってきた。夕飯に間に合う時間に帰ってこれるなんて、年に数回しかない!

判断力が鈍った。というか、「レストランに行かない」という決意を忘れた。

そうだ!コロンバスサークルにある、ランドマーク(Landmarc)というレストランが、Kid-friendlyキッドフレンドリー(子連れ歓迎)ではないか!

メニューを見ると、ランドマーク・レストランのステーキにはエイジドとは書かれていない。この際、仕方がないぜ!とにかく、噛みごたえがある赤身肉が食べたいのじゃー!!!

Kid-friendlyのレストラン、「ランドマーク」

Kid-friendlyとは、子供もウェルカムな場所のこと。レストランだったら、ハイチェアが用意されていて、食事が出されるまでの間に退屈しないように、ちょっとしたオモチャなんかが用意されている。

Kid-friendlyと公言していないレストランでも、ハイチェアはだいたいどこもある、だけど「Kid-friendlyですよ~お子ちゃんも来てくださーい✋」って、オフィシャルに言ってくれている所の方が、なんか気楽だもんね。

実は1年程前に、一度ここに来たことがある。その時はまだ子供が小さく、騒いだりしなかったので、それほど有り難みを感じなかった。

レストラン到着

前回は予約無しで入れた。お腹の虫に急かされて、今回も予約無しで駆け込んだが、数分待っただけで入れた。

日本のファミレスと違って、薄暗くて大人な雰囲気。でも子連れも何組か食事をしている。

kid-friendlyのレストラン、landmarcの写真

ハイチェアが必要かどうかを聞かれ、席につくと、そこには塗り絵とクレヨンが。NYでは、塗り絵とクレヨンを出してくれるレストランが結構ある。

食事の前、お水を注いでもらう時に、ウェイターに「子供用のお水カップ、欲しい?」と聞かれた。kid-friendlyのレストランは過去に何件か行ったことがあったけど、これって初めての経験だわ!

ウチの子供は、大人が飲んでいるグラスが大好きで、それで飲みたがる。前回レストランで食事をした時に、「次回からレストランに行く時は、大人のグラスそっくりなプラスチックカップを持参しなきゃね」と旦那と話し合ったんだった。今回、持って来るのを忘れていたので、子供用カップはとても有難かった。

前菜にエスカルゴ、オニオンスープ、メインにCote De Boeuf for Two(2人用のステーキ)。お酒はウェイターさんに、このステーキに合うカクテルのお勧めを聞いて、ウィスキーベースのDouble Barrel Aged Manhattan 110+ Daysを注文。

子を持つ親にとって、一番大変なのが、この食事が出てくるまでの時間をどう過ごすか。すぐに塗り絵にも飽きちゃった。でもなんだか息子も楽しそう。理由はたぶん、親がリラックス出来ていたから。

このレストランの何が良かったかって、他のお客さんの話すボリュームや雑音などの、周りの音の大きさが絶妙。子供が少しくらい大きな声でお話しても、歌っても周りに迷惑にならない。だからといって、うるさいレストランというわけではなく、同じテーブルの人の会話は、ちゃんと聞こえる。

他のレストランでは、知らず知らずのうちに、私達 親が緊張していたのかも。子供が迷惑にならないように、気を張っていたから。それを見た子供が不安になって、更にイヤイヤしていたのかな?

などと考えたり、楽しくおしゃべりしていたら、食事が出てきた。

食事

エスカルゴは、上にパイ生地っぽいのが乗っていた。写真では見えないが、この下にエスカルゴが隠れている。もうちょっとガーリックが効いて、弾力がある方が好きだけど、これはこれで美味しい。

NYコロンバスサークルにあるランドマークのエスカルゴの写真

オニオンスープは息子が気に入ったようで、カップの周りに固くついているチーズも全て剥がして食べてしまった。玉ねぎが苦手な旦那も、この玉葱なら美味しく食べられるとのこと。

NYコロンバスサークルにあるランドマークのオニオンスープの写真

ステーキはミディアムでオーダー。ステーキ1皿につき、1ソースを選べるらしい。2人分のステーキなのにソースは1種類だけなんだって。私達はもう1種類を追加注文して、玉ねぎソースと、チミチュリソース(オリーブオイルにハーブが入っている)を頼んだ。

NYコロンバスサークルにある2人用ステーキの写真。シャロットソースとチミチュリソース、ウィスキーカクテルと子供用の塗り絵とクレヨンも写っている

ステーキは、弾力があって噛みごたえがあった😋周りがちょっと焦げすぎの部分があったが、アメリカのステーキってこういう感じなのかもね。

私はステーキには詳しくないのだが、少しゼラチン質?の部分が好き。このステーキは脂身の横に私好みの部位があって、美味しかった。写真では、手前の何枚かに、その部分が写っている。

ゼラチン質といっても、アメリカで食べるブリスケットBBQは好みじゃない。ステーキやシチューのゼラチン質が好きなんだ。今度、自分の好みを探求してみよう。

ソースはチミチュリの方が好きだけど、2種類混ぜたのが一番美味しかったから、追加を頼んで正解だった。

お酒はオレンジ色のカクテルだった。ステーキにも合う。いつも無難にワインをオーダーしちゃうんだけど、たまには違った物を試してみるのも良いね。

感想

Kid-friendlyと言っても、熱々のプレートなんかも来るから、そこは気をつけないといけないけれど、テーブルの大きさといい、周りの音の大きさといい、水カップといい、2才児連れの私達には、最高でした。

久しぶりに、とっても楽しかったので、ここはヘビロテ決定。

タロちゃん占い

今日は鼻詰まりが取れてスッキリするかも!

この記事を書いている人 - WRITER -
Yey
「海外に住むのって、簡単なんだ」 「1つだけより、他の文化も知ってたほうが、楽しいし、ラクだよ」 ということを感じてほしくて、ブログ書いてます。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© ニューヨークのイェイちゃん , 2018 All Rights Reserved.