A LIFE IN NYC グローバル化を楽しもう!

アメリカでショッピング:クレジットカードリーダー3種類の使い方と英会話

イェイ
WRITER
 
アメリカで、クレジットカード端末の使い方







この記事を書いている人 - WRITER -
イェイ
「海外に住むのって、簡単なんだ」 「1つだけより、他の文化も知ってたほうが、楽しいし、ラクだよ」 ということを感じてほしくて、ブログ書いてます。
詳しいプロフィールはこちら

 

ハローハロー!

旅行・駐在・留学で、アメリカ滞在中に店で買い物をする時は、クレジットカードを多用すると思います。

その時に、クレジットカードを読み込む機械(クレジットカードリーダーとか、クレジット端末、CAT、Pinpadとも言う)を前に、アタフタしたくないですよね。

わからなければ、店員さんが手伝ってくれますが、予習・確認しておきたい方へ、

自分が店にいて、クレジットカードが手元にある場合の、クレジットカードリーダーの使い方を説明します。

(アメリカのスーパーで買い物する時の流れは、別記事に書きました)

カードリーダーのやり方は3種類。店員に渡す、入れる、スライドさせる

クレジットカードリーダーを使う時は、大きく分けて3種類のやり方があります。

  1. クレジットカードを店員に渡す
  2. クレジットカードのICチップ部分をカードリーダーに差し込む
  3. クレジットカードをカードリーダーにスライド(スワイプ)させる

です。

カードリーダーによって、多少の違いがあるとは思いますが、

だいたいこんな流れというのを、詳しく説明します。

1.クレジットカードを店員に渡す時の流れ

レジの機械にクレジットカードリーダーが組み込まれている場合は、店員がクレジットカードを読み込む作業をします。

流れはこうです。

  1. レジ係の店員が全ての商品をスキャン
  2. 店員が手を差し出してくる
  3. 自分のクレジットカードを渡す
  4. 店員がクレジットカードをカードリーダーに通す
  5. 求められたらサインする
    (レシート紙か機械上かは、リーダーによる)
  6. クレジットカードを受け取る
  7. 商品を受け取って、店をでる

 

サインの仕方

レシート紙の時は、ボールペンでサインをした後に、紙を店員に渡し、

カードリーダーの画面にサインする時には、カードリーダーに付いている専用ペンでサインをしてOK/Enter/Yesボタンを押します。

(カードリーダーによって表現が違いますが、OKとEnterとYesボタンは、同じ意味です)

2.カードのICチップ部分を差し込む方法

アメリカでチップ入りクレジットカードを差し込む方法

客が、自分でクレジットカードをカードリーダーに読み込ませる場合もあります。

 

黄色が英会話で、

緑色が、クレジットカードリーダーの画面に出てくる文字です。

  1. レジ係の店員が全ての商品をスキャン
  2. クレジットカードで支払うことを、店員に伝える「Credit card, please(クレジットカードでお願いします)」
  3. カードリーダー画面、もしくはレジ機械に表示されている値段が合っているか確認し、OK/Enter/Yesボタンを押す
  4. Insert or swipe card(和訳:カードを入れるかスキャンしてください)
  5. Do you want to cash back?(和訳:現金引き落としサービスを利用しますか?)
  6. Enter Pin(和訳:暗証番号を入力してください)
  7. Leave card inserted(和訳:カードを抜かないでください)
  8. 求められたらサインする
  9. Processing(和訳:処理中)
  10. Approved(和訳:受理されました)
  11. Remove the card(和訳:カードを抜いてください)
  12. クレジットカードをカードリーダーから抜く
  13. 商品を受け取って、店を出る

店やクレジットカードリーダーによって、よくある違い

カードリーダーによっては、順番が前後したり、途中のプロセスが省略される事があります。

よくある省略

■値段を確認した後の「OKボタンを押す」プロセスが無い場合があります。

■現金引き落としサービスは、無いことが多いです。

■暗証番号を求められない事があります。

■サインを省かれる場合があります。

アドバイス:値段確認や、サインが省かれた時は、ちゃんと値段が合っているか、レジの画面やカードリーダーの画面を見て確認しましょう。

 

小話:私がいつも行くスーパーは、すごく省略されたプロセスしか踏みません。

値段確認のOkボタン無し、現金引き落としサービスは聞かれない、サイン求められない、そして暗証番号に至っては、一度も聞かれたことがありません。

少額しか使わないせいか、アメリカで作ったクレジットカードだからか、それともICチップ対応だからなのか、理由はわかりません…

現金引き落としサービスとは?

カードリーダーによっては、Do you want to cash back?という文字が画面に表示されます。

これは、銀行口座からお金を引き落として、レジ係がそのお金をその場で渡してくれるというサービスです。

現金が欲しい場合はYesを押して、欲しい金額を入力し、

欲しくない場合はNoを押します。

 

支払いとは関係ありません。

クレジットカードを抜くタイミング

クレジットカードを抜くタイミングは、カードリーダーによって違います。

サインの前に抜くカードリーダーもあります。

 

「抜いてください」という意味で、音が「ビーッビーッ!」と鳴ることがあるので、驚かないように。

支払回数について

アメリカでは、支払回数を聞かれることはありません。

いつでも1回払いです。

3.カードをカードリーダーにスライド(スワイプ)させる方法

アメリカでクレジットカードをスライド(スワイプ)させる方法

ICチップが入っていないカード、もしくはICチップに対応していないカードリーダーの場合は、

カードのライン部分をカードリーダーに入れて、スライドします。

 

カードの向きは、カードリーダーにカードの絵が描いてあるので、それを参考にします。

(↑の絵だと、青色のカードの絵)

 

英語ではこの時に「スライド」という言葉を使わず、「スワイプSwipe」と言います。

店員さんが、Swipe (please)と言ってきたら、カードをカードリーダーにスライドさせます。

 

支払いの流れは、ICチップの時と同じです。

チップ(お礼)画面が出てきた時

クレジットカードリーダーで支払いをした時に、

「Add a Tip」「$15」「$18」「$20」

なんて画面が出てくることも。

 

これは、店がしたサービスに対して、チップ(お礼)を支払うかどうかを聞いています。

スーパーマーケットや服屋など、自分で商品をレジまで持っていって、店員が支払い作業をするだけという場合は、チップを支払う必要はありません。

「No Tip」というボタンを押します。

 

店員が料理を運んでくるレストランなどでは、画面に出てくるチップの値段を選ぶか、自分で金額を入力することもできます。

注意:クレジットカードの利用明細をチェックしよう

アメリカでは、現金よりもカードの方が安全だとされています。

多くのクレジットカード会社は、まんいちカードを落としたり、不正に使われた場合は、その時の請求は払わなくて良いということになっていますから。

でもお使いのカードによってはポリシーが違うこともあるだろうし、ちゃんとご自分で確認してくださいね。

それと、不正に使われることって滅多にないですが、やはり悪いことをする人はいるので、

カード明細を細かくチェックすることをお勧めします。

 

失くしたり、不正使用が見つかったら、すぐにカード会社に連絡するのも忘れずにね!

英語・失敗談:Leaveは「そのままにしておく」、Removeは「抜く」だよ

ここからは、私のおバカな失敗談です。

 

Leave card inserted(和訳:カードを抜かないでください)と書いてある時に、カードを抜いてしまう時がたまにあります。

(店員さん、ごめんなさい)

 

「Leave」という単語がまぎらわしくて…

 

leave 場所」とは、「ある場所から去る」という意味。

The bus leaves Tokyo station at 1pm. (そのバスは東京駅から1時に出発します)

東京駅を去って、どこかへ向かうイメージです。

 

わたしの中でleaveとは、ある地点から違う場所へ矢印が向かっている感覚。

だから「leave」という単語を見ると、反射的にカードを抜きたくなっちゃうんです。

 

でも、「leave」とは「そのままにしておく」という意味もあります。

Leave it alone」とは「そのままにしておいて」とか「ほっといて」という意味です。

(関西弁の「捨てておいて」という意味の「ほっといて」じゃなくて、「放置しておいて」の方ね)

 

だから、Leave card inserted とは、「カードをそのまま触らずに放置しておいて」という意味なんです。

 

「カードを抜く」はleaveじゃなくてremoveが正解ですね。

 

今朝、久々にこの間違いをしてしまいました…

 

この記事が、アメリカ滞在を楽しむためのお役に立てたら嬉しいです☆

おわり~っ!

この記事を書いている人 - WRITER -
イェイ
「海外に住むのって、簡単なんだ」 「1つだけより、他の文化も知ってたほうが、楽しいし、ラクだよ」 ということを感じてほしくて、ブログ書いてます。
詳しいプロフィールはこちら




スポンサーリンク










- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© ニューヨークのイェイちゃん , 2019 All Rights Reserved.