A LIFE IN NYC グローバル化を楽しもう!

アメリカ薬局CVSでインフルエンザ予防接種フルショットを打つ手順と英会話

Yey
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Yey
「海外に住むのって、簡単なんだ」 「1つだけより、他の文化も知ってたほうが、楽しいし、ラクだよ」 ということを感じてほしくて、ブログ書いてます。
詳しいプロフィールはこちら

夏が終わり、インフルエンザのシーズンが近づいてきましたね。

今年も、アメリカでは、インフルエンザの予防接種が始まりました。

前回に引き続き、今回は

アメリカの薬局でインフルエンザ予防接種を受ける時の手順

を説明します。

アメリカの薬局でインフルエンザワクチンを打たれて怖がっている女性の絵

どこで受ける?受ける場所: 薬局か、クリニック、大学病院など

アメリカでは、フルショットをCVSやDuane Reade、Rite Aidなどの薬局で打つことができます。

町の小さなクリニックや、大きな医療機関(大学病院など)でも打つことができます。

なかには、特定の病院で打って、証明書を会社に提出しなければならない職場もあります。

 

今年、私はCVSで打ちましたが、Dueane Readeで打った経験もあります。

私の感想は。。。どちらもあまり変わらないです。

CVSで受けた理由は、たまたま場所が便利だったからです。

薬剤師が注射を打つことが出来るアメリカ!

なんとアメリカでは、ほとんどの州で、薬剤師が予防接種を打つことができるんです!

日本人のわたしは、「なんだか怖い」と思ってしまうのですが、

けっきょく便利さに負けて、薬局にお世話になっています。

価格は?保険や薬局、医療機関によって、$0~有料まで

アメリカの薬局Dueane Readeのインフルエンザ予防接種のポスター

フルショットは、ほとんどの健康保険で、無料で受けられます。

でも、保険プランによって、支払いが発生する場合もあります。

フルショットをどの薬局/医療機関で打つかによっても、値段が変わってきます。

 

たとえば、Aさんの使っている健康保険のプランだと、ニコニコ薬局(仮名)では無料だけど、ウキウキ薬局(仮名)では、有料とか、

Bさんの使っている健康保険のプランだと、ピンピン病院では無料だけど、ニコニコ薬局もウキウキ薬局も有料とか。

 

あなたの保険プランではどうなのかを、保険会社か、薬局/病院で確認してください。

アメリカの薬局CVSでフルショットを受ける流れ(予約不要)

アメリカの薬局CVSのインフルエンザ予防接種のポスター

病院でも受けられますが、多くの大手薬局チェーン店は、予約がいらないため、気軽に打つことができます。

私はいつもDuane ReadeかCVSで10月~11月くらいに打つのですが、並んだことはありません

でも、インフルエンザがピークになる頃には、ワクチンが足りなくなることもあります。

 

私が今年、CVSでフルショットを受けた手順を紹介します。

薬局によって、手順が違う場合もあるので、ご参考までに。

1.保険会社に、どこの薬局/医療機関がいくらかを確認する

さきほど書いたように、

お使いの健康保険プランによって、値段が違います。

料金が心配な人は、事前に保険会社へ確認すると安心です。

(1つの健康保険会社でも、プランによって価格が変わります)

2.prescriptions(処方箋)のカウンターへ行く

予約は必要ありません。

 

薬局に入ったら、一般のレジではなく、店の奥にある「Prescriptions」と書かれたカウンターへ行きます。

 

「Prescriptions」とは、「処方箋」のことです。

医者から処方された薬をうけとる場所です。

 

注意: 24時間営業の薬局でも、Prescriptionsカウンターが開いている時間は昼間だけ、ということが多いです。

3.保険証を見せて、フルショットを受けたいと言う

カウンターの中には、白衣を着たスタッフが、2~3人います。

スタッフに、「フルショットを受けたい」と伝えましょう。

英語では、

I would like to get a flu shot today. とか、

もっと簡単に、

Can I get a flu shot? でもいいです。

4.保険証を提示し、料金の確認をする

スタッフから、名前や誕生日などを聞かれ、保険証の提示を求められます。

その時に、料金がいくらかかるかを聞きましょう。

5.問診票に記入して、サインをする

スタッフから、問診票を渡されます。

問診票には、自分の名前や連絡先、病歴、アレルギー、今日の体調など、他にもイロイロ質問が書かれています。

注意事項を読んで、了解したらサインをします。

6.15分ほど待つ

処方箋カウンターの前には、椅子が何脚かあるので、そこで15分くらい待ちます。

店内をウロウロしても良いですが、スタッフから名前を呼ばれた時に、聞こえる場所にいることが大事です。

7.その場で注射!絆創膏ペタ

薬剤師が、利き腕ではない方の腕に、注射をします。

 

右利きを英語で言うと、right-handed

もしくは、righty(ライティー)

左利きを英語でいうと、left-handed

もしくはlefty(レフティ)です。

 

まぁ言えなくても、聞き取れなくても、

打ってほしい方の腕を指せば、わかってもらえます。

 

注射は、痛かったり、痛くなかったり。

これって、注射する人が上手か下手かによるのかな?

痛くなかったら、ラッキー☆

8.有料であれば、支払いをする

最後に、Prescriptionカウンターの支払い場所で、支払い作業をします。

と言っても、ほとんどの場合が$0です。

(保険によって、支払うこともあるかもしれません。最初に確認してください)

 

注射をしてくれたスタッフに、「これでおしまい?もう帰っていいの?」と聞いたら、「帰っていいよ」と言われたのに、

その直後、支払い担当の他のスタッフから呼ばれ、$0の支払い作業をさせられました。

支払い作業は、名前を再確認されて、$0と書かれた領収書をもらうだけでした。

 

去年は、注射を打って、薬剤師が「帰っていい」と言ったから、そのまま立ち去っちゃったけど、

本当はこれをやらなきゃいけなかったのかな?

9.おしまい

これでおしまいです。

全ての作業は、Prescriptionsのカウンターで済んでいるので、一般のレジは素通りして、家に帰って良いです。

受けた後の注意事項は、特になし。

わかってるのに、毎年、薬局で同じことを質問する、しつこい心配性のイェイちゃん。

質問と答えは、

  • お風呂は当日入って良い?→OK
  • お酒は?→飲みすぎないならOK
  • 運動は?→しすぎないならOK。

これは、どの薬局で聞いても、同じ答えでした。

注意!この記事は、医療について知識がない筆者が、体験をシェアするために書いたものです。

大切なことは、信頼できる医師や薬剤師に聞いてくださいね。

インフルエンザ予防接種については、ご自身で確認の上、責任を持って行ってください。一切の責任は負いかねます。

受けた後の感想と体の変化

当日と、その後2日間ほど、ちょっとボーっとして、体が熱くて眠かったです。

でも実は、良く寝れて嬉しい。

 

3日目からは、通常に戻りました。

 

ワクチンが体にどう影響するかは、個人差があります。

全く何も感じない人もいるし、もっと体調が悪くなる人もいるようです。

 

よーし、フルショット終ったぞー!

もう今年は、注射を怖がらなくていいぞ!

 

じゃあ、遊びに行こう!

へいへいほー!

この記事を書いている人 - WRITER -
Yey
「海外に住むのって、簡単なんだ」 「1つだけより、他の文化も知ってたほうが、楽しいし、ラクだよ」 ということを感じてほしくて、ブログ書いてます。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© ニューヨークのイェイちゃん , 2018 All Rights Reserved.