A LIFE IN NYC

アメリカのレストランで食べ残した料理を持って帰る方法!チップや英会話も

WRITER
 
アメリカのレストランで残った食べ物を容器に入れてもらった写真
この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら

どうも!ニューヨーク在住もうすぐ9年目に突入のイェイです。

 

アメリカのレストランでは、食べ残した料理を持ち帰ることができるのですが、

「方法がわからなくて、たくさんの料理を残したまま、レストランを出てしまい、もったいなかった…」

なんてことにならないように、

英会話とか、チップとか、自分でタッパーに詰めていいかとか、高級店ではどうするかとか、その他イロイロ、

1~10まで教えます!

海外のレストランは、料理の量が多い

海外のレストランでは、1つの料理を注文しても、

その量が多くて食べきれないことがあります。

アメリカのレストランでは、食事を持ち帰ることができるぞ

残すのはもったいないけど、大丈夫。

自分が注文して食べきれなかった分を、持って帰ることができます。

本当?ただの噂じゃない?ウェイターに聞いてみた

 

本当かよ?日本じゃありえないんだけど。

海外に行ったとき、「あいつ本気にしたの?プププ だっせー」って、笑おうとしてんだろ

ケイちゃん

って人。

はいはい、じゃあニューヨークでウェイターを10年以上続けているディビット(友人)に聞いてみましょう。

うん本当♡

ディビット

ほらね?

客が持ち帰るのは普通のこと。ウェイターも聞いてくれるし、持ち帰り容器も用意してある

ニューヨークでは、お皿に料理を残している人がいると、ほとんどのウェイターは「持って帰る?」と聞いてくれます。

客が持ち帰るのは想定済みなので、どのレストランも、持ち帰り容器を用意してくれています。

だから全然恥ずかしいことじゃないです。

どんな物を持ち帰れる?寿司でも麺でも。アイスクリームは?

鮮度が命のお寿司も、伸びたら美味しくない麺類も

ほとんどの物が持ち帰りオッケーです。

 

ただお寿司の場合、そこまで多くは出てこないので、持ち帰ることはあまりないです。

 

料理の量が多いのは、やっぱりアメリカ料理店やイタリアレストラン!

ハンバーガーやパスタなんかは、量が多いですね。

 

コースを頼んだけど、デザートのアイスクリームを食べきれなかった。

アイスクリームは持って帰れるの?

頼めば、ウェイターがプラスチック容器に入れてくれるでしょう。

頼むの恥ずかしい!持参のタッパーに、自分で入れてもよい?

日本人としては、たかだか自分の残り物を詰めてもらうだけなのに、ウェイターさんを、わざわざ呼びたくない…

ウェイターを呼ぶのが、恥ずかしいし面倒くさい。。。

って気持ち、わかります。

 

それなら、あらかじめ自分のタッパーをカバンの中に入れてレストランに持っていき、食べきれなかった分を、自分でそのタッパーに入れればいいんじゃない?

と思う人がいるかもしれません。

 

でもニューヨークでは、客が自分で残り物を持参のタッパーに詰めているのは、見たことがないです。

それを私が目撃してしまったら、

内心めっちゃ驚きつつ、見てみぬフリをするでしょう。

 

産まれも育ちもニューヨークのアンジーに、聞いてみました。

質問1:ウェイターに頼まないで、客が自分で持参のタッパーに残り詰めるのは?

イェイ

それはやっちゃダメ

アンジー

そうですよね。それはちょっと、やらない方がよいかも。

質問2:じゃあ、ウェイターにお願いして、客が持参したタッパーに詰めてもらうのは?

イェイ

うん…まぁ、それくらいなら……

アンジー

同じ質問を、産まれも育ちもニューヨークの旦那にもしてみました。

質問1:ウェイターに頼まないで、客が自分で持参のタッパーに残り詰めるのは?

イェイ

ニューヨークでは、誰も気にしな~い☆

旦那

。。。

イェイ

 

まぁウチの旦那は、あまり色んなことを気にしない人だから。。。

同じニューヨーカーでも、いろんな意見の人がいますね。

 

最初は怖いかもしれないけど、

私は、勇気をだしてウェイターさんにお願いすることを強くおすすめします!!!

 

ウェイターさんは慣れているし、喜んでやってくれるでしょう

残り物を包んでもらうタイミング

ウェイターさんに頼むタイミングは、ウェイターさんがお皿を片付ける時、もしくは会計をお願いする時がよいでしょう。

(アメリカのレストランは、ほとんどがテーブル会計です)

「ドギーバッグ」って言葉、実際には聞いたこと無いよ

日本の英会話本などでよく出てくる、「ドギーバッグ」という言葉。

英会話の本あるある
レストランで、食べ残しを持ち帰りたい時は「ドギーバッグ(Doggy Bag)をください」といいましょう

なんて感じで、よく習いますよね。

 

(ドギーバッグとは、犬の餌を入れるための容器。レストランでの食べ残しをドギーバッグに入れてもらって、あとでワンちゃんに食べさせるという意味)

 

でも本場ニューヨークのレストランでは、

「ドギーバッグ」なんて言葉、聞いたことないよ!

 

実際は、家に帰ってから食べるのは人間だしね!

 

アンジーに聞いたら、

ドギーバッグという言葉を使っている人は見たことあるけど、私はその言葉は好きじゃない

アンジー

との答えが返ってきました。

レストランであえて「ドギーバッグ」って言ってみた

探究心と好奇心が旺盛なイェイちゃん。

一度だけ、ウェイターさんに向かって「ドギーバッグ」という言葉を使ったことがあります。

その時の反応は…

え? ごめん。今なんて言ったの???

ウェイター

意味さえ通じなかったし。

 

誰が最初に日本人に「ドギーバッグ」なんて教えたのかなぁ?

その時代・地域はそうだったのかなぁ?

 

旦那に聞いたら、ミッドウェスト(アメリカ中西部)地域で言ってたんだって。

 

「残飯なんて、私は食べないわよーぅ。ワンちゃんのごはんよーぅ」

って、見栄はりたかったのかなぁ?

 

レストランとしては、シェフが腕をふるって出した料理を、犬に食べさせるって聞いたら、どう思うのかなぁ。

 

まぁいいや。

英会話、いきまっす!

英会話: 「ドギーバッグ」よりも、もっと良い言い方があるぞ

ウェイターさんを呼び止める時の英会話

ウェイターさんが近くを通ったら

  • Excuse meすみません

と声をかけます。

ウェイターさんに、食べ残しを包んでもらう時の英会話

持って帰りたい料理を指差しながら

  • Can you pack it up to go, please? 持ち帰るために、これを詰めてもらえますか?
  • I’d like to take the rest home, please. 残りを家に持ち帰りたいのですが

it(コレ)は、持ち帰りたい料理のこと。

I’dはI wouldの略です。

残りを包んでもらったら、チップはいくら?

レストランで食事をする場合は、いつでも税抜価格の20%くらいのチップをあげましょう

20%以上払うなら、残りを包んでもらうからといって、さらにチップをあげる必要はないですが、

詰めてもらったことに感謝を表したい場合は、チップを上乗せすることは良いことです。

100ドルの食事をして、残り物を包んでもらった場合、

20%チップをあげるなら、チップ20ドル+税金が約9ドル

合計129ドル

高級レストランでも、持ち帰れる?

基本、ほとんどの高級レストランで、持ち帰りは出来ます。

ただ、シェフのこだわりとか、レストランの哲学で、断られる可能性もあります。

 

一人5万円以上のレストランには行ったことがないので、わかりません。

ファストフード店の場合は?

ファストフード店で、持ち帰りではなく、店のテーブルに座って食べていたけれど

量が多くて食べきれなかった場合は、

レジの店員さんに、「食べきれなかったから、袋ちょうだい」

I could not finish my food.  Can I have a bag?

と言いましょう。

その場合は、自分で詰めるので、チップはいりません

 

あと、ファストフードの場合は、食べ物を自分で持参のタッパーに詰めても、カバンに突っ込んでも、全然オッケーです。

 

店員さんに「詰めて」とお願いしても、詰めてはもらえません

ビュッフェ、バイキング、取り放題の店では、残りを持って帰れないよ

ビュッフェやバイキングなど、取り放題のレストランでは、食べ残した分を持ってかえることはできません。

そのような店では、「その時に食べられる分だけを取って食べる」というのがルールです。

まとめ

  • レストランで座って食べていて、料理が残ってしまったら、恥ずかしがらずに詰めてもらおう
  • チップは常に20%以上払おう
  • ファストフードで残ってしまった場合は、自分で詰めよう
  • 取り放題のレストランでは、持って帰れない

いろいろ書いたけど、結局こんなもんです

楽しい旅を!!

この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© ニューヨークのイェイちゃん , 2018 All Rights Reserved.