ビックリ文化

ニューヨークは髪切るのが難しいって話し

ニューヨークで前髪を切られすぎた人の絵

ニューヨークに住んでる日本人(駐在妻じゃない方)のアルアルが

髪を1年以上切ってないって事。

ニューヨークには、日本人の美容師が溢れているって噂に聞いたけど、

どこにいるの?という感じ。

私が言ってるのは、安い値段で切ってくれる日本人美容師さんね。

ニューヨークの美容院は、高い$

日本人美容師は、高い

日本人の美容師さんは上手だけど、総じて単価が高い。

髪を切るだけで、税金とチップ入れて8000円は軽く超えちゃう。

違う人種の美容師には、日本人の髪は難しい?!

だからといって違う人種の人がやってる美容院に行くと、

髪質が違うからしょうがないのかもしれないけど、

なんていうか。。。質が。。。

これで5000円も取るの?!

日本で近所の1500円カットに行ったほうがよっぽど上手だよ!ってくらいのクオリティ。

何が言いたいかっていうと、

日本人美容師さんって、なんだかんだ言って最高!!

ホットペッパービューティー

海外では日本ほど小奇麗にしなくても、まぁOK

そんな私と同じ悩みを持った美容院難民(日本人)が溢れてるニューヨーク。

でも1つ救いがあって、日本ほど小奇麗にしていなくてもOKというか、

ニューヨークでは、髪の毛はボリュームあってナンボ!みたいな美的感覚があるから

1年や2年切らなくても、ある程度長さがあればそれもまたスタイル☆

ってのを貫き通せるというのも、あるにはある。

そうは言っても、長さやボリュームがあると洗いにくいし、乾くのに時間がかかる。

毎晩大量の髪の毛と格闘するのがとてもメンドイので、たまに切ろうと思い立つのだが
髪の毛を切るのに1万円近い値段を出す事に躊躇(ちゅうちょ)してしまう。

(大人の女性なのに!マンハッタンに住んでるのに!!!貧乏性は治らない)

東アジアの人がやってる美容室なら、人種や髪質が似たようなもんだし安いし→間違い

日本人と同じような髪質だろうから、東アジア系の美容院ならどうだ?!と日本から近い国々の美容師さんがやってる所に行くと、

安いんだけど、安いなりに色々ある。

事例1:ツートンカラーにされ、同じ色だと言い切られる

ある時、ニューヨーク郊外にある、日本のお隣の国*のおばちゃんがやってる美容室で

リタッチじゃなくて、バージンヘアから髪全体の色を染めてもらいました。

「どの国は悪い」とか、そういう事を言いたいんじゃなくて、「日本人と似た髪質の東アジアの国」ってことを言いたかっただけなので、あえて国名を出さずにお隣の国*という表現を使っています)

出来上がった後、髪を見たら、なんだかテッペンだけ色が明るいような。。。?

明かりが上からあたってるからかな?と、自分を騙そうとしたけど、騙せないくらい。

固まっている私を不思議に思い、その場に居た知らないお客さんが、私の頭を見た途端、叫びました。

「この子、根本と全体のカラーがぜんぜん違うわよ!!!」

他の(知らない)客や、スタッフが私の周りに集まってきて、口々に

「色が違うねぇ。」「絶対に違うよねぇ」

と、本人(私)を差し置いて話してる…

うん。これは確実に3トーンくらい違う色だね。

なんならオレンジと黄土色くらい違うね。

それでもおばちゃんは「同じ色だ」と言い張り、

結局最後にはおばちゃん、私に向かって「営業妨害だ!」くらいなこと言い始めまして。

ひどいね、おばちゃん。

って思ったけど、おもいっきりチップ通常額、置いて帰ってきたことがあったっけ。(そこでチップなし!ってのが出来ない小心者)

事例2:前髪サイド切られすぎて、顔丸出し

また別のニューヨークの美容室で、日本のお隣の国*のおっちゃんがやってる所では、

「ボブにしてください」って言って、英語が通じず、

夏目三久ちゃんの「退社」の文字を見せながら可愛く笑っている写真を見せて

この髪型にしてくださいって言ったら、

「この髪型はアメリカでは「ピーチ」って言うんだよ」

と教えてもらって、おっさん髪切り始めた。

「そうかー。ピーチかぁ。

桃尻娘とか、ピーチ姫とか、桃の節句とか、桃って女の子を表す表現だよね。

どんなピーチっ娘ににしてくれるのかな♡」

なんて思いながら、おっさんが切り終わるのをワクワク待っていたのですが、

全部終わった後、メガネをかけたら、いたよね。そこに。

阿佐ヶ谷姉妹。

そういえば、前髪切ってる時に、横を切り過ぎてる感があった気がする。

前に美容師の友達が、「前髪は黒目の端より先は切らないで」って言ってたの、覚えてる。

切ったよね。頬骨の端っこまで。

うん、でもこれくらいの事はあるかな、ニューヨークなら

事実を飲み込んで、家に帰った。

事例3:出来上がりは、美容師の腕だけじゃない?!

そんな過去を持っている私は、

今度は日本人の激安美容師さんを見つけ、性懲りもなく、また夏目ちゃんをオーダーした。

出来上がったのは、

中瀬ゆかり女史。

うん。。。中瀬親方。。。好きだから。

う、れ、し、い…涙

もしかして私、夏目ちゃんにはなれないの、かな?

顔とか、体型とか、

うん、わかってっから。

それでもプロの美容師さんに夢を託したいっての、乙女心じゃん?

帰り道は、懐メロ歌うしかないよね。

同じなーみーだがキラリ~☆

音楽聞くならこちら:Amazon Music
ABOUT ME
イェイ
イェイ
「海外に住むのって、簡単なんだ」 「1つだけより、他の文化も知ってたほうが、楽しいし、ラクだよ」 ということを感じてほしくて、ブログ書いてます。