ファッション

ニューヨーク旅行何着る?10月の女性ファッションを現地からレポート

10月に見た茶色と黒のコーデがオシャレなニューヨークの女性

こんにちは!

ニューヨークのマンハッタンに住んでいるイェイです。

ニューヨーカーって、オシャレなイメージがありますよね。

最新のファッションを身にまとったモデルがソーホーでポーズをとっていたり、奇抜な服装をした人達の街角スナップなんかをよく見ます。

でも、実際に現地で生活している人達が着ている服装って、そんなんじゃありません

慣れない海外で安全に過ごすためにも、あまり日本人観光客っぽい服装をしたくない
浮いて目立ちたくない

そんな方たちのために、マンハッタンを毎日ブラブラ歩いているわたくしイェイちゃんが、

普通すぎてメディアに取り上げられない、本物のニューヨークの人達の服装をご紹介します。

10月のニューヨークの気温。雨は?

(⇑ニューヨークの10月はこんな感じのファッション)

10月上~中旬のニューヨークの天気:昼10度~23度。暖かい日と寒い日がコロコロ変わる

10月上旬・中旬のニューヨークの昼間は、10度~23度くらいです。

ニューヨークは緯度が青森県と同じくらいで、東京より少し寒いです。

昼間はジャケットを着ないでもいられるほど暖かい日もあれば、セーターとコートが必要な日もあるなど、気温がコロコロ変わります。

例えば今年10月3日は33度まで上がりましたが、次の日の10月4日は16度まで下がりました。

これは稀な例で、実際には25度以上になることは少ないです。

10月下旬になると7度~15度まで寒くなる

10月下旬になるとさらに寒くなり、昼間でも7度くらいになることもあります。

さすがにコートなしでは過ごせません。

10月のニューヨークは雨が降る?でハリケーンが来ることも

ニューヨークには、これと言った雨季はありませんが、10月は雨の日が若干多めという感じです。

8月~10月の間はハリケーン・シーズンとされていますが、実際に10年住んでいて、この時期に大きい台風やハリケーンが来たというのは記憶にないです。

(むしろ冬の寒波のほうがヤバかったです)

ハロウィーンはコスチュームだけで歩き回れないほど寒いよ!コートが必要

10月31日に行われるハロウィーン・イベントに参加される方もいると思います。

ハロウィーンは夜に大きなパレードなどがあるため、とても寒いです。

昼間であっても、コスチュームだけで歩き回るのは辛い年もあります。

せっかく可愛いコスチュームを着ても、上にコートを羽織ったら見えないのが残念ですが、コートは必須です。

どしてもコスチュームを見てもらいたいという方は、屋内でやっているハロウィーンパーティーに行ったほうが良いでしょう。

ハロウィーンはコート必須

薄着のコスチュームを存分に楽しみたいなら、屋内のイベントに行こう

10月のニューヨークで何を着る?必要なアイテムリスト

(⇑10月はライトダウンジャケットが欲しいくらい寒い日も)

10月上~中旬に必要なアイテム:セーター、フリース、コートなど

10月上~中旬にニューヨーク市内で過ごすなら、以下のアイテムが必要です

  • セーターかフリース
  • 寒い日はタートルネックセーター
  • 寒い日はウルトラライトダウンジャケット
    もしくはキルティングボアパーカ
  • トレンチコートやチェスターコート
  • 帽子
  • スニーカーかローヒールの靴
  • スカーフがあると肌寒い日に便利

詳しく説明します。

薄手のコート:ライトダウンジャケットなど

個人的には、ユニクロの(ウルトラ)ライトダウンジャケットがお薦めです。

トレンチコートチェスターコートは長さがあり、かさ張るので、荷物の制限がある旅行者の方は短いコートの方が良いと思いますが、

高級レストランオペラなどの場所で、クラス感があるおしゃれをしたい人は、持っていく価値があるでしょう。

靴:足元はスニーカーやローヒールが必要。ボアブーツは10月下旬から

スニーカーは、季節を問わずに必要です。

ニューヨーク市内の道はデコボコしていて、ヒールが高い靴だと歩きにくいです。

街中や美術館の中ではみんな、スニーカーローヒールのブーツを履いています。

「マンハッタン内のホテルから直接タクシーで高級レストランにしか行かない」⇐こんな旅行をする人は別ですが。

中がボアになってるブーツ(Uggとか)は、10月下旬の寒い日からチラホラ見始めます。

帽子:キャップ、キャスケット、ベレー帽など

日差しは強くないので、帽子は必須ではないですが

頭が寒いと風邪をひく私のような人は、帽子を持ってきたほうが良いです。

ニューヨークでよく見る帽子は日本とそれ程変わりません。

具体的には

  • キャップ
  • キャスケット
  • ベレー帽
  • 中折れ帽
  • サハリハット
  • バケットハット
  • クロッシェ

など、日本で被っていてオカシクない帽子なら、特に問題はないでしょう。

ニット帽についてですが、10月中旬にはまだまだ少ないですが、寒い日にかぶっている人もいます。

首元:小さめマフラーやスカーフ

10月上旬には必要ないと思いますが、

中旬以降にニューヨークに来る場合、首元が冷えると風邪をひく人は、小さめのマフラースカーフがあると良いでしょう。

スカーフはかさばらないし、邪魔な時はカバンの取手に結んでおいても可愛いので、お薦めです。

10月上旬~中旬は

  • 暖かい日は薄手のセーターで
  • 寒い日にはその上にライトダウンジャケットを羽織る

がお勧めです。

10月下旬に必要アイテム:ヒートテック、ニット帽、など

10月上~中旬の服装に加え、10月下旬には以下のアイテムが必要です。

  • ヒートテック
  • ニット帽
  • マフラー
  • 厚めのコート(真冬用のダウンコートじゃない)
    例えば、
    ・Pコート
    ・モッズコート
    ・中にボアが着いた、腰丈コート
    ・ブルゾンなど

ヒートテックなど、保温が出来るインナーがあると便利です。

10月上~中旬は薄めのコートで良かったですが、下旬には厚めのコートが欲しくなってきます。

厚めとは言っても、真冬用の分厚いダウンコートではありません

中にボアが着いたモッズコートとか、タートルネックセーターに中程度のダウンジャケットなどが良いと思います。

寒がりな人は、ぜひニット帽とマフラーを用意しましょう。

暖かめの日は必要ないですが、すごく寒くなる日もありますから。

10月下旬は

  • 寒い日はタートルネックの厚めのセーターに
  • ブルゾン

なんて装いはいかがでしょう♪

10月のニューヨークのファッション服装レポート:こんな人達を見たよ

ニューヨークの人達は一年中レギンスで足首出してスニーカー。コートで防寒

10月にニューヨークの女性がコートとレギンスをファッションで履いている絵

このブログのファッション記事ではほぼ毎回書いているのですが、

またまたパツパツのレギンス(スパッツ、トレンカとも言う)で足首を出しスニーカーを履いている絵を載せなくてはなりません。

なぜなら、これが女性ニューヨーカーの基本スタイルだからです。

上はライトダウンジャケットやモッズコートなどを着て、防寒しています。

だから、婆っちゃが「足首は冷やしちゃいけねぇぞ」って言ってたってば!

と何度も言ってあげたい、小さな親切大きなお世話。

秋色トレンチコートをおしゃれに着こなす女性を発見!ニューヨーカーは黒が好き

10月に見た茶色と黒のコーデがオシャレなニューヨークの女性

こちらはシンプル&ベーシックながら、茶色と黒のコーディネートがステキだった女性です。

ニューヨーカーは男女とも黒ずくめが多いです。

そこにちょっと茶色が混ざるといった感じです。

余談:ニューヨークは未だにロングブーツを履いていてもおかしくない

ちなにみ余談ですが、ニューヨークではロングブーツをまだまだ見るし、普通に売ってます。

今は日本はショートブーツのみですよね。

今回はこれでおしまい!

この記事が、あなたのニューヨーク旅行を楽しいものにするお手伝いが出来たら嬉しいです♡

[jetpack_subscription_form]