A LIFE IN NYC グローバル化を楽しもう!

イェイ流・21倍うまくなる英語発音の練習法1/3【論理】 

Yey
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Yey
「海外に住むのって、簡単なんだ」 「1つだけより、他の文化も知ってたほうが、楽しいし、ラクだよ」 ということを感じてほしくて、ブログ書いてます。
詳しいプロフィールはこちら

以前、ABCの歌が日米で違うパート1パート2の記事を書いた時に、「英語に慣れると口が怠ける」というようなことを書きました。

口が怠けちゃう程、本場の英語っぽい発音が出来たら、カッコイイよね。それを実現するためのイェイ流・英語発音の練習法を、3回に分けて書いていきます。

1回目は【論理】、2回めは【練習方法】、3回目は【テンプル大学の多忙から練習法が生まれた】

今回は1回目、レッツゴー!

英語って、何言ってるか全然わかんないんですけど。

英語のリスニングって、すんげーほんげー聞き取れないですよね。

後でスクリプト(台本)を見てみると、難しいこと言ってないのに、雪崩を吐き出すようにしゃべるあの人達、なんなんですかね。(あんなふうになりたいぜ!)

雪崩を吐き出すように英語を喋る外国人と、それが全然聞き取れない女性の絵

なぜ英語に慣れると、口が怠けちゃう?

なぜこんなに聞き取りに苦労するかというと、アメリカ英語って、話す人の口が怠けていて、ちゃんと発音しないんです。

どういうことかと言うと、「T」って「ティー」ですよね。サウンドは、「ッテゥッ」みたいな音。でも、「水」という意味の「Water」は、実際には「ゥオーラァ」って感じに聞こえます。

「T」の音、どこにも聞こえません。なぜかって?「T」の音って、舌を上顎に、しっかりくっつけなきゃいけないんだけど、それってめんどくさいんです。

だから、舌を上顎にちょっと付けただけで、もうやめちゃうんです。

途中でやめちゃうと、それは「L」の音になる。 だから「L」なんてどこにもないのに、「ラ」の音に聞こえる。ね、口が怠けているでしょ?

「T」と「L」の発音時の口内の違いを描いた絵

あと、Tは結構強く息を出すけど、Lはもうちょっと優しく出すかな。だからLの方が更にラク。

「大切」という意味の「important」。NYでこの言葉を聞いたら、「インポオーゥン」って聞こえます。またまた「T」サウンド、聞こえません。口が怠けていますね。

みんな、口が怠けちゃった音で、その言葉を認識しているから、問題ないんです。(国民まるっと、口怠けの国、アメリカ!)

なので、

イェイ流・英語の発音 練習をする

英語がスラスラ~と簡単に出てくるようになる

はっきり喋らなくなる

口が怠けちゃう

アメリカ人みたいになっちゃう

ということです。

日本語と英語の発音の違い

日本語と英語の発音の大きなの違いって、なんだかわかりますか?それは、

日本語は、「ん」以外の文字は、子音だけで発音しない。しかし、英語は子音のみの音を発音するし、連発する。

日本人にとって、英語のリスニングで難しいこと、それは

「子音」単体の音を聞き取ること

日本語のほとんどの文字が、「母音」+「子音」のセットになっています。なので、私達日本人にとって、「母音」とセットになっていない、「子音だけの音を聞き取る」ということが、とても困難なのです。

だって、そもそも、日本人にとって、「子音だけ」なんて概念がないんだもん。概念がない事をいきなりやれったって、「それなーに?。。。???」ってなるだけですよね。

ひらがな表と、「「SU」じゃなくて「S」だけで発音してみ?」と言っている女性の絵

産まれてから「子音だけの音」を聞いたことがない人が、いきなり子音の羅列を聞いて、それを認識するのは無理って話。

じゃあ私達日本人は、子音だけの音を、一生聞こえるようにならないってこと?というと、もちろんそんなことはない。

実は、自分では発音しているつもりはなくても、子音だけの音を出したり、聞いたりしているのです!英語話者ほどではなくても、私達だって、知らず知らずのうちに、その能力を日常で使っている。

日本人が、子音だけを発音している例

例えば、

「行きます」

と言った時、最後の「す」は、ちゃんと「SU」とは発音していません。最初の「行きま」まではちゃんと発音しても、最後の「す」の部分は、息が漏れているだけです。その息が漏れている「スー」という音が”S”(エス)の音です。「行きます」と言った時、あなたは子音の”S”のみ、発音しています。

これを他の子音にも応用して、子音と母音を切り離して練習すると、子音のみ繋がる音も上手に出せるようになります。そして、聞き取れるようになります。

てことは、子音だけを発音できるようになったら、日本人英語から一気に脱却できるんじゃね?と思ったアナタ、大正解!!!

アルファベット26文字マイナス母音ご文字=21文字練習すれば英語が21倍うまくなる!と言っている女性の絵

アルファベット26文字 ー 母音(A,I,U,E,O)5文字(もう発音出来るから) =21子音発音 完全制覇!

21倍うまくなる!!!

(Yを母音とするという説もありますが、このサイトでは、母音はAIUEOのみとします)

お待たせしました~👏↑これが今回の答え。ここまで読んでくれて、ありがとう!!すぐに答えを書きたかったけど、理解をしてから練習すると、一回の練習でも10倍の効果があるからね。

次回は練習方法です!!



この記事を書いている人 - WRITER -
Yey
「海外に住むのって、簡単なんだ」 「1つだけより、他の文化も知ってたほうが、楽しいし、ラクだよ」 ということを感じてほしくて、ブログ書いてます。
詳しいプロフィールはこちら

Comment

  1. […] 前回の、「英語発音が21倍うまくなる練習法の【論理】」では、日本語は1つの音を言う時は、ほとんどが「母音」と「子音」のセットになっている。なので、日本人にとって「子音」の […]

  2. […] イェイ流・英語発音の練習法の、1回目は【論理】、2回めは【練習方法】に引き続き、3回目の最終回は【テンプル大学の多忙から練習法が生まれた】について。 […]

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© ニューヨークのイェイちゃん , 2018 All Rights Reserved.