ニューヨーク流・教育法

コロナ禍のニューヨーク学校レポ(リモート&学校通う)使用アプリの紹介

こんにちは!

9月になり、ニューヨークの学校は新年度が始まりました。

しかし今年は、COVID-19(新型コロナウイルス)の影響により、学校に毎日行くことは出来ません。

ニューヨーク市の多くの公立学校では、以下の方法を個人が選べます。

  1. 完全リモート授業(学校に全く行かない)
  2. 週に何日か学校へ通い、残りの日はリモートで授業を受ける

先生も生徒も親たちも、今まで経験したことがない環境で、頑張って乗り越えようとしているので、そんな状況を現地からレポします♪

イェイ
イェイ
ウチの息子は5歳なので、キンダーガーテン(年中さんクラス)のレポで~す

リモート授業はてんやわんや!間違い&問題だらけのスタート

前記したとおり、①完全リモートにするか、②学校通う&リモート授業かのどちらかを選べました。

我が家は①完全リモートを選んだのですが、学校から来たメールを見たら、手違いで②学校に通う&リモートになっていました。

うーんアメリカらしい。間違い多いよね。

でもそのまま②を継続することにしました。

理由は、ニューヨークのコロナが、さほど悪くないからです。

あと、②を選んだ場合、いつでも好きな時に①完全リモートに変更することが可能なので、コロナが酷くなってきたら完全リモートに切り替える予定です。

息子
息子
ぼく、学校&お友達が大好きなの

学校に行きたいの

リモート授業に使ってるアプリはKonstella、eメール、Google Classroom、Zoom

リモート授業をするにあたり、ウチの息子のクラスで使用しているアプリを紹介します。

Konstella(コンステラ): 学校からの連絡&保護者の連絡ツール

学校からの連絡は、Konstellaというアプリに来ます。

保護者同士がメッセージを送り合ったり、保護者と先生が連絡することも出来ます。

あと、Konstellaに来る内容と同じ連絡が、生徒のEメールにも来ます。

Google Classroom:リモート授業の内容がわかるアプリ(予定表)

Google Classroomは、授業の予定表のような機能をはたしています。

今日の授業のページを開くと、以下の事柄が書かれています。

  • 授業の予定表
  • Zoomへのリンク
  • 宿題

Zoom:オンライン授業をするアプリ。先生や生徒の顔を見てライブで勉強できるよ

Zoomというアプリを使って、授業がライブで行われます。

Goolge Classroomに書かれているリンクをクリックすると、Zoomが開き、

先生やクラスメートと中継でつながることが出来き、授業が始まります。

現在の状況:親も先生も生徒も大混乱!

新年度が始まって数週間がたちますが、親も先生も奮闘しています。

アプリを使ってのリモート授業に奮闘中

Konstella(保護者や先生がコミュニケーションするアプリ)には、

  • リンクが繋がらない
  • 持ち物はなんだ?
  • 宿題の提出方法は?
  • 先生の言うことと、学校の事務所の言うことが違う

などなど、いろんな問題が毎日のようにアップされています。

コロナ禍で学校の時間短縮&宿題が増える=親の負担が大きい

通常、NYの公立学校は3時頃 に終わるのですが、息子が通うキンダーガーテン(5歳年中さん)のクラスは

  • リモート授業の日は午前中で授業が終わり
  • 学校がある日は1:40pmまで

です。

ほとんどの時間に子供が家にいるため、親の仕事に影響したり、授業短縮分を大量の宿題でカバーするため、子供も大変です。

イェイ
イェイ
試行錯誤しながら、お互いなんとか乗り切ろうね!

先生
先生
先生たちも頑張ってるよ~