アメリカで子育て

アメリカ子育て:感情ラベル化と表現方法を練習して社会性&成績を上げよう

お顔カードを使って、今日あった事と感情を伝え合う親子の絵

こんにちは!

ニューヨークで3才児を育てているイェイです。

小学生の子供を持つママ友から、興味深いことを聞きました。

それは、ニューヨークの公立小学校では、感情コントロールの仕方を教えてくれるとのこと。

例えば、怒りを感じた時の呼吸法とか、感情の上手な表現方法とか。

これが意外と、実生活に役に立つんだって!

へぇ!公立学校って、そんな事まで教えてくれるの?!

衝撃的でした。

そして先日、息子の幼稚園(ニューヨークの現地校)で

親を対象にした「子供の社会性と感情コントロール」のワークショップが行われました。

そこで、

自分の感情を、認識する事の大切さ

自分の気持を、じょうずに相手に伝える方法

学んびました。

ついでに色んな教育機関や学校のホームページを読んで、子供の感情コントロールと練習方法について調べたので、シェアします。

オリジナルの顔カードも作ったので、印刷して役立ててください。

日本にいながら、アメリカ式の教育を取り入れられるお得なブログだねっ☆

なぜアメリカの学校では、感情コントロールを教えるの?

多くのアメリカの学校は、

自分の感情をコントロールすることが出来て、他の人と上手に付き合えるようになることは、学問の習得と同じくらい大切な事

だと考えています。

子供が、

自分自身に自信を持ち

他人との関係を良くするスキルを持っていると

物事を成し遂げる才能が飛躍的に上がります

社会的&感情的に成長すると

  • 他の人との関係
  • 学校の成績
  • 自尊心

も、自ずと伸びていきます。

幼児は、感情を表すのが難しい

小さい子の感情は、めぐるましく変わります。

でも、自分の感情を上手に表現できないため、良くないやり方で感情を表してしまう事があります。

例えば、オモチャを取られた時に、相手に「怒っている」とか「悲しい」という感情を伝えるのではなく、お友達を叩いてしまうなどです。

今、感じている感情を認識・分類しよう(感情にラベルをつける)

今、自分がどんな感情を感じているのかを、子ども自身がわかることが大切です。

怒っているのか、悲しいのか、嬉しいのか、怖がっているのか…

自分で自分の感情を認識すると、感情にコントロールされないようになります。

感情を認識するには、感情を言語化する事が必要です。
(「感情にラベルをつける」とも言う)

感情を言語化すると、辛い体験のストレスが和らぎます。

感情にラベルを付ける方法:大人が子供の気持ちを代弁してあげよう

子供が強い感情を感じた時に、大人がその感情を代弁してあげると
子供が、自分の感情を認識&言語化するのに役立ちます。

例えば、お気に入りの人形が壊れてしまった時に、

大人が「悲しいね」と言うと、

子供は『これは「悲しい」という感情なのか』と気が付きます。

お友達にオモチャを取られて怒っていたら、

大人が「オモチャを取られて悔しいね」と言うと、

子供は『僕は今、「悔しい」と感じているのか』と気が付きます。

注意:親が子供に感じてほしい感情ではなく、子供が実際に感じている感情を言うようにしてください。

悪い例:お友達にオモチャを取られて怒っている子供に対して、「お友達にオモチャを取られたけど、あの子が喜んでいるから、〇〇君も嬉しいね」と言うのは、ダメです。

親としては、オモチャを貸してあげられる「良い子」に育って欲しいとしても、

本人が「悔しい」と感じていたら、その感情を批判せず、子供の気持ちを正直に代弁しましょう。

自分の感情がわかったら、次のステップです。

上手に感情を表す練習方法

自分の感情を、上手に表現する練習方法です。

子供と遊びながら、感情によって違う表情を作らせる

例えば、

おままごとをしながら、アイスクリームを道に落としてしまった場面を想定して、子供と一緒に悲しい顔をします。

雑誌のいろんな表情の顔を、ハサミで切り取る

〇〇ちゃん、たくさん「嬉しいお顔」を切ったね。じゃあ次は「怒ってるお顔」を切り取ってみようか!

と言って、雑誌から様々な表情の写真を、ハサミで切り取ります。

絵本を読みながら、登場人物の感情について聞く

大人:「この子は今、どんな風に感じてるかな?」

子供:「悲しいって言って、泣いてるねぇ」

など、登場人物の感情を話し合います。

「お顔カード」を使った練習方法

お顔カード

オリジナルお顔カードを作りました。

上の絵は、完全にフリー素材・再配布OKです。

学校やご家庭でご使用ください。

顔の中などを書き換えて頂いても構いません。

でも売らないでくださいね☆

お顔カードの作り方

お顔カードの作り方

アイスの棒などに、糊で付けて使うことも出来るし、

ただお顔を切り取って、カードとして使うことも出来ます。

感情を文字で書いたら、ひらがなを読む練習としても良いですね。

お顔カードの使い方

使い方1:お顔カードを見せながら、「これはどんな気持ち?」と聞き、答える方は同じ表情を作りながら、「嬉しい気持ち!」と答えます。

使い方2:おままごとをしながら、または絵本を読みながら、登場人物の気持ちを表すお顔カードはどれなのかを聞きます。

大人:「猫ちゃんが迷子になっちゃったね。どんな気持ちかな?」

子供:「悲しい気持ち!」(悲しいお顔カードを指す)

使い方3:自分の気持を伝えたい時に、自分の気持ちと同じお顔カードを持って、相手と話し合います。

使い方4:今日あった出来事を話す時に、お顔カードを使いながら、話します。

お顔カードを使って、今日あった事と感情を伝え合う親子の絵

これらに限らず、使い方は無限大。

あなたが思いついた使い方を、是非このブログのフェイスブック・ページでシェアしてください↓

https://www.facebook.com/alifeinnyc/

感情を認識できるようになると、どんな良いことがある?

自分の感情が認識できるようになったら、どんな良い未来が待っているのか、考えてみました。

1.自分の感情がわかるようになると、悩む時に使う時間や労力をセーブできる&ストレスが減る

大きく感情が動いた時、

特に嫌なことがあった時に、ずーっとその事についてウジウジ考えている…

って事、ありませんか?

私は自分の心が傷付いた後、その出来事を頭の片隅から追い払うことが出来ずに、ずっと考え続け、

何日もたった後に、自分が怒っているということに気付くということがよくあります。

自分がどう感じているのかを把握できていない時は、頭の中で感情が内戦を起こしているような感じです。

<人間の頭の中で、感情が大奮闘しているディズニーのお話「インサイド・ヘッド」がお勧め↓>

起こってしまった出来事について、悶々と考えている時は、すごく疲れます。

何度も何度も嫌な事を思い出し、あーでもない、こーでもないと、自分の感情を認めない言い訳を考ますが、

結局自分は怒っていたという事を認め、自分の感情を受け入れて、やっと肩の荷がおります。

すごく無駄な労力です。時間も体力も浪費します。

自分の感情を認識する能力が高ければ、何日も思い悩んで、貴重な時間と労力を無駄遣いする事が無くなります

これは先程書いた方法、「自分の感情にラベルを付けることで、ストレスを和らげる」で解決できそうです。

2.自分の感情がわかれば、建設的な行動がとれる

自分の感情が即座にわかれば、今後に活かせる行動をすぐにとる事ができます。

  • 嬉しいなら、その場にいる人達と嬉しさを分かち合う
  • 悲しいなら、自分が悲しいということを相手に伝える事ができる。
  • 嫉妬を感じたなら、自分を向上させるためのガソリンにすればいい。
  • 怖ければ、恐れていることが現実にならないように対策を取れる。

でも、自分の感情を認識していないと。。。

何日も無駄に悩んで、自分の感情を認識した時には、すでに相手は忘れているから伝えることが出来ない。

なんて事が起こります。

なるほど。

自分の感情を認識するのって、大人にとっても簡単じゃなかったんだ。

少なくとも私は出来てなかった。

息子と一緒に、感情のラベルを付けるのを練習するゾ!

参考文献

以下の情報を参考にしました。

Fostering Social and Emotional Development in Preschoolers, Bright Horizon Family Solutions

https://www.brighthorizons.com/family-resources/social-emotional-development-in-preschoolers

信州大学の研究「感情のラベリングの方法の違いが
感情変化や認知的負荷に及ぼす影響の検討」

https://core.ac.uk/download/pdf/159513744.pdf

ABOUT ME
イェイ
イェイ
「海外に住むのって、簡単なんだ」 「1つだけより、他の文化も知ってたほうが、楽しいし、ラクだよ」 ということを感じてほしくて、ブログ書いてます。