グルメ

アメリカのバーベキューは、日本のBBQとも日本在住アメリカ人のとも違う!

そろそろBBQバーベキューの季節ですね!

ニューヨーク在住のイェイです。

バーベキューなんて、世界各国どこもそんなに変わらんでしょ?と思っていたのですが、実際にアメリカでやったら全然違いました。

日本でお馴染みのバーベキューと、アメリカで何度かやったバーベキューの違いを紹介します。

日本のバーベキュー:お酒を飲んでOKなのが最高だね

日本のバーベキューの風景の絵。主に牛肉をやき、魚介、野菜、ソーセージが網に乗っている。ビールを飲んでいる

日本のバーベキューって、こんな感じですよね。

主に牛肉を焼き、魚介や野菜やソーセージも焼きます。

野外でお酒を飲んでも良いので、ビールなんかも持っていきます。

横浜で見たアメリカ人のバーベキューは鶏肉も焼いていた

横浜で見たアメリカ人のバーベキューの網の上。鶏肉や豚肉が乗っている。

私が初めて見たアメリカ人のバーベキューは、横浜の海辺でした。

肉は鶏肉だろうが豚だろうが、なんでも食べたいものを焼いていました。

私は鶏も豚も好きだけど、やっぱりバーベキューでは牛肉が食べたいなぁ。

アメリカ本土で体験したバーベキューはハンバーガーにするタイプ

アメリカのバーベキューの風景。丸く形成した挽肉を焼き、ハンバーガーのパンに挟んで食べる。お酒は外で飲まない。

横浜で見たアメリカ人のバーベキューが一般的なアメリカのバーベキューかと思っていたのですが、ここニューヨークでは少し違うようです。

何度かニューヨークでバーベキューを体験していますが、場所が変わろうと、一緒にBBQする人が変わろうと、ほとんどが上の絵↑のようなタイプでした。

 

詳しく説明すると、

  • すでに丸く形成されているひき肉パテをスーパーで買って、それを焼く。
  • テーブルでハンバーガー用パンに、野菜と焼けたパテ肉を挟んで食べる

鶏肉を焼いてる人なんて、見たことがないです。

 

ちなみにここアメリカでは、バーベキュー用の肉はハンバーグの形をしたひき肉の事です。

日本のハンバーグはパン粉や卵が入っているけど、この肉はひき肉を丸く形成しただけの物です。

 

野外でお酒を飲むのは違法なので、プライベートの庭か、お酒を出せるレストランのバーベキュー施設でない限り、ビールなどは飲めません。

バーベキューコンロは外に設置されている事が多く、網はバーベキューセットにくっついていて、取れません。(なので洗えません)

煙が出るので、肉を焼くコンロは蓋が付いています

 

日本タイプもアメリカタイプも両方楽しいですね。

おしまい!

ニューヨークのベンジャミンステーキハウスのステーキとポテトとアスパラガス
【ニューヨーク・グルメ】ベンジャミンステーキハウスどうも!いつも腹ぺこイェイちゃんです。 妊娠する前に夫婦で最後に遊んでおこうと、オペラやブロードウェイ・ミュージカルを探したのですが、...
[jetpack_subscription_form]