A LIFE IN NYC グローバル化を楽しもう!

赤ちゃんの名付け 将来国際人にしたいなら、絶対に知っておきたい2つのこと

Yey
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Yey
「海外に住むのって、簡単なんだ」 「1つだけより、他の文化も知ってたほうが、楽しいし、ラクだよ」 ということを感じてほしくて、ブログ書いてます。
詳しいプロフィールはこちら

日本ではここ数年、キラキラネームが問題らしい。でも個人的には、赤ちゃんの名付けについて、それよりもっと、気にしていることがある。

その事について、まだ日本ではあまり言われていないみたい。でもこれから日本はもっと国際化すると思うので、知っておきたい知識である。

まず1つ目は、

男の子は「オ」で、女の子は「ア」で終わる名前をつける

イタリア、スペイン、南米等では、男性は最後の文字が「O」で終わって、女性は「A」で終わる名前がとても多い。そのため、実際に会ったことがない人の性別を知りたい時に、名前の最後の文字が「o」なのか「a」なのかを見て、性別を推測することがある。

例えば、仕事で海外の人とメールをすることがあったとする。その時に、「Mr.」としたらよいのか、「Ms.」としたらよいのか、わからない時があるかもしれない。そんな時は、名前が良い判断材料になる。

最後の文字が違うだけで、性別が変わる名前の例

OとAを入れ替えただけで、性別がかわる名前の例↓

名前の最後の文字をOとAで変えただけで、性別が変わる例。マリオとマリア、アレクサンドロとアレクサンドラ、フランチェスコとフランチェスカ

衝撃の事実!日本の名前は性別が反対に勘違いされる可能性大?!

日本の名前について知らない外国人からすると、日本人の名前はまぎらわしい。

例えば、彼らにしてみたら、日本の男の子の名前で多い「~太」(Keita景太とか)はAで終わるので、女の子っぽい。そして、日本の女の子に多い「~子」(Keiko景子とか)は、Oで終わるので、男の子っぽい。

なんと、反対なのですね!

といっても、Aで終わる男性の名前もあるし、逆もまたしかり。これからはジェンダーレスになっていくかもしれないので、気にするかしないかは、本人次第。

2つ目は、日本では普通だけど、海外ではオカシナ意味や、ヤバイ意味になってしまう名前があるということ。

可愛い名前が、海外ではおかしな意味に?!

日本では可愛い名前なのに、海外の人が聞くと、とても変な意味に聞こえてしまう名前がたくさんあります。

例えば、

ようへい Yo! Hey! おい!君!のような、相手への呼びかけ
まみ Mommy お母さん
まみ mummy ミイラ
まいこ Michael マイケルという男性の名前に聞こえる。
実際には「マイコー」って聞こえる。
ゆか yuca キャッサバ芋のこと。
ユカと呼ばれている

これらは、私が日常で実際に出会った例。でもインターネットで調べてみたら、もっと下品な言葉に聞こえちゃう名前もたくさん見つけました。赤ちゃんの名付けの前に、ネットなどを見て、参考にしてみてはいかがでしょうか?

この記事を書いている人 - WRITER -
Yey
「海外に住むのって、簡単なんだ」 「1つだけより、他の文化も知ってたほうが、楽しいし、ラクだよ」 ということを感じてほしくて、ブログ書いてます。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© ニューヨークのイェイちゃん , 2018 All Rights Reserved.