A LIFE IN NYC

英語の動物のなき声は日本と違う!馬はネーでロバはブラマヨ?!動画も紹介

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら

世界中の動物は、同じなき方をします。

日本のネコも、アメリカのネコも、同じようになきます。

(ネコ同士は、「微妙に違うわ!」って主張があるかもしれないけど)

でも、国が違うと、動物のなき声の表し方が違うんです!

ハロウィンに動物の仮装をする方は、海外のなき方をマネしたら、

めっちゃクールなんじゃん?!

(記事の最後に、動物のなき声を英語でどう言うかの動画があるよ)

動物が、英語の鳴き方をしている絵

馬は「ネーィ」(Neigh)

「ネー」って、呼びかけてるわけじゃないです。

馬のなき声を、アメリカ人は「ネーィ」っていいます。

どこにも「ネ」の要素が無いと思うんだけど…?!

 

日本では「ヒヒーン」ですね。

日本のほうが近い感じがするなぁ。

 

まぁ自分としては、「ウーヘヘヘヘヘヘ」って聞こえるけど。

なんか、変態っぽくなっちゃった。ウヘヘ

カエルは「ラビット」(ribbit)や、「クローク」(croak)

ラビットといっても、ウサギじゃないです。

 

カエルのなき声は、日本では「ケロケロ」だけど、

アメリカでは「ラベット」「リビット」「ラバット」とか、最後のTを発音しないで「レベッレベッ」みたいな音。

英語では、最後のTを発音しないことがあるという記事はこちら

 

あとは、「クローク」とか「クロック」。

こちらは「ケロケロ」に似てますね。

 

「ラビット」にしても、「クローク」にしても、日本の「ケロケロ」よりも、ホンモノに近い音だと思います。

ウサギは「サンプ」(thump)

ウサギって、鳴かないよね。

 

「Thump」ってのは、ウサギがピョンピョンはねた時の着地音です。

「サンプ」とか、最後のPは発音せずに「サンッ」って感じ。

小鳥はトゥイート(tweet)

SNSのツイッター(twitter)も、ここから来ています。

だから、ツイッターのアイコンは小鳥なんですね。

 

日本では「ピピピ」とか「チュンチュン」で、アメリカでは「トゥイット」。

日本語も英語も、小鳥のなき声をよく表していると思います。

ネズミは「スクィーク」(squeak)

字だけ見ると、日本の「チューチュー」とはぜんぜん違うけど、

これは両方とも、言いたいことがわかる。

 

両者、ひきわけ!

ロバは「ヒーハー」「ヒーホー」(hee-haw)

ブラックマヨネーズの小杉さんのギャグで、「ヒーハー」って叫ぶのあったけど、

ロバくんよ、君はブラマヨか?

ライオンは「ロアー」(roah)

文字だけで見ると、日本語の「ガオー」の方が、怖い感じがしますよね。

「ガ」とか「ダ」など、濁点の音って、堅い感じがするから。

 

日本人からすると、

「ロアー」って、「プププ…なにそれ可愛い♡」

って感じるかもしれないけど、

 

英語の「R」って、日本語の「らりるれろ」よりも、硬い音なんです。舌に力を入れる音。

だから、アメリカ人にしてみれば、Rを使った「ロアー」は、日本人の濁点を使った「ガオー」のようなイメージ。

 

ケイティ・ペリーが「roar」という曲で、「ロアーーーー!!」って叫んでたけど、

あそこは、アメリカ人にとって、強い女性という印象を持つシーンです。

さぁ、叫んでみよう!

Roarrrrr!!!

(Rの発音の仕方については、こちらの記事を参考にどうぞ)

ブタ「オインク」(oink)

ブタは、「オインク」です。

ブタって、「オインク」なんて、そんな平和な音か?

もっと割れた音というか、がなり立てるような音だと思うけど。

 

これは絶対に、日本の「ブーブー」のが近いな。

ニワトリは「コッカデゥーデゥルデゥー」(cock-a-doodle-doo)

ニワトリ(雄鶏)は、日本では「コケコッコー」だけど、アメリカでは「コッカ、デゥーデゥル、デゥー」です。

「コケコッコー」で、本物のニワトリの音に近づけるのって、すごく難しいと思う。

それに対して、「cock-a-doodle-doo」って、音真似が苦手なアメリカ人でも、なんとなく本物のニワトリっぽいサウンドになる。

これは、日本語の音の限界を感じる良い例です。

英語の「音」は、動詞としても使えるぞ

これらの英語の音って、動詞としても使うことができます。

たとえば、ライオンは「ロアー」となくけど、

The lion roahed to me

「そのライオンが私に向かって吠えた」というように。

アメリカ人の動物のなき声は、この動画を見ればわかるぞ

Super Simple SongsのThe Animals On The Farm

これ、めっちゃくちゃ好きな動画!

いつの日か、家族で動物のコスチューム着て、この動画の真似して、ファミリー・バンドやりたいという夢があります。

Kids TV 123のThe Animal Sounds Song

この歌の、一番最後のクジラ(Whale)のなき方で「デュビデュビデュー」ってのあるけど

これ、ギャグです。

クジラは水中で歌のような音を出すことを、おもしろおかしく言ってるんです。

「ドゥビドゥバ」歌うのは、人間ですね。

 

ギャグを説明するほど、野暮なことってないんですが、

英語文化を知らない人が勘違いして、周りの人に言っちゃうといけないじゃんねぇ。

コツ: 1つの音に対して、たくさんカタカナで表したけど、「だいたいこんなもん」

カタカナで英語の発音を表すのは、とっても難しいので

いろんな表現で音を書きました。

だから、1つの単語に対して、いっぱい違う書き方してる時は、

「なんかこんな音を言いたいんだろうな~」

くらいに、軽く読んでみてください。

まとめ: 個人的には、英語の動物のなきマネのほうが、本物の動物の音に近いと思う

わたし個人は、英語の動物のマネのほうが、本物に近いように聞こえます。

日本語の音って、「自然の音」を表すのが苦手なのかな?

 

「英語のほうが、作り出す音が幅広い」と常々思っております。

たとえば、日本語は、だいたいどの音でも、口の中の空間の広さや口の動かし方ってあまり変わらない。

腹話術のように、口をあまり動かさないで喋っても、伝わっちゃう。

でも英語は、一つ一つの音によって、喉を使ったり、口の中の空間を大きくとったり、唇を尖らせたり。

 

だから、日本語だけで育った人にとって、英語の発音って難しいんです。

今まで聞いたことがない音を聞き分けろって、それ無理ゲーでしょって思うかもしれないけど、練習すると、けっこう聞き取れるようになるし、言えるようにもなる。

今まで出したことがない、英語独特の音を出す練習方法は、こちらの記事で詳しく書いたよ!)

 

音じゃなくて、「自然を表す表現」は、日本語はめっちゃ得意なんですけどね。

 

今日はおしまいっ

ばいばーい!

この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© ニューヨークのイェイちゃん , 2018 All Rights Reserved.