A LIFE IN NYC グローバル化を楽しもう!

ビヨンセのバックダンサーAisha Francisのダンス教室に行って、2クラス受けてきたよ。

Yey
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Yey
「海外に住むのって、簡単なんだ」 「1つだけより、他の文化も知ってたほうが、楽しいし、ラクだよ」 ということを感じてほしくて、ブログ書いてます。
詳しいプロフィールはこちら

ビヨンセのバックダンサーのアイーシャフランシスAISHA FRANCISの絵

ビヨンセの振付けやバックダンサーを何年も務め、その他の超有名歌手たちをクライアントに持つAisha Francisが、

ニューヨークでダンス教室をやるというので、初心者クラスを2つ受けてきました。

(芸人の渡辺直美さんがNY留学した時に習ったダンスの先生と、多分と一緒じゃないかな?と思っています)

アイーシャは何年も前から憧れているダンサー。彼女はいつもロサンジェルスで教えているのだけど、なんとNYに来る。これは行かねば!!

挑発しまくり!!「あなたにジェラシってる女共に、ヒールウォークを見せつけて、差を見せつけるのよ!」

初心者用のクラスだけど、ちょっとビデオで予習しときましょうかね。

と、YouTube を見てみました。

ハイヒールで心地よく歩く方法を教えるビデオで、

“You need to pump around and make those haters that already hate you, hate a little bit more”

って言ってる!!

これすごい好だなぁ。

「あなたの事が嫌いな人が、もっと嫌いになるようにヒールでカッコよく歩かなきゃでしょ?」て意味。

もしくは、

あなたが自分より素敵だからってジェラシってる女共に、このヒールウォークを見せつけて、太刀打ちできないってわからせてやりましょ

ってニュアンス。

(引用:How to Walk Correctly in Heels | Pump Camp With Aisha Francis)

日本での周りに気にしすぎる生活とか、嫌われないようにすごく気を使っているのがどーでもよくなっちゃうセリフだね。

最近よく聞く、「無関心より嫌われる方がマシ」て言葉よりも、私には彼女の言葉のほうがしっくり来る。爽快!

さて、ダンス教室はどうだったかと言うと、

ダンス教室は、セクシーで刺激的で大盛り上がり♪

初めて会った彼女の印象は、ビデオと同じで気前の良い姉御ギャル。すごくサービス精神旺盛。

本物のアイーシャは、踊っていない時も、動きがセクシーで可愛い姉御ギャル

有名なのに、気さくでフレンドリー

とてもサービス精神旺盛で、始めての私にも、惜しげなくアドバイスをくれた。

ダンスクラスは、終わる時間を、大幅に遅れて終わった。

そんな所にも、彼女のサービス精神は表れていた。

1クラス目は、セクシーにハイヒールで歩いたり踊ったりする練習。Pump Camp Unleashed (Sexy Heels Routine)

1クラス目は、セクシーにハイヒールで歩いたり踊ったりするのを練習するクラス。

1曲の振り付けを練習するのが基本だけど、途中で歩き方も教えてもらいました。

ダンスの内容はとにかくセクシー♡曲はTEYANA TAYLOR FEAT. CHRIS BROWNの「DO NOT DISTURB」

彼女のダンスクラスは、2クラスとも、セクシーでゆっくりな曲に合わせて踊るものでした。

曲は、ティヤーナ・テイラー FEAT. クリス・ブラウン の「Do NOT DISTURB」

今回は、最初の45秒を教えてもらいました。

感想は、難易度は中級以上?

私はハイヒールでのダンスを数年やっていたから、なんとかついていけたけど、

あれは中級クラス以上という感じ。

単発初心者クラスではないかも。

2クラス分くらいの長さの振り付けだったし、半分くらいの生徒は、振り付けをすでに知っている感じでした。

2クラス目は、椅子を使ってのクラス。Pump Camp Stripped (Sexy Chair Routine)

2クラス目は椅子を使ってのダンス。

これもゆっくりな曲に、とてつもなくセクシーを見せつける、アイーシャスタイル。

(ビデオが見つかりませんでした(泣))

感想は、イスにつかまってバランスをとれるから、ラクに感じた

今回はこちらの方が少し楽でした。

サイクルの初日だったのか、振り付けも1クラス分くらいの量でした。

何も使わないと、自分の体重を全部、自分の筋肉で支えなきゃいけないです。

バランスを崩しても、椅子につかまることができるので、こちらのクラスのほうが、楽な気がするけど、

本当に極めたい人にとっては、どちらも難しいでしょう。

クラスの最後は、生徒が少人数で、みんなの前で踊りを披露。大盛り上がり!

クラスの最後には、少人数で前に出て、みんなの前で踊ります。

先生はその時に習った振り付けより、もっと長く曲を流します。

「振り付けはここまで習ったけど、ここから先は自分の気分で好きなように踊りなさい!」

という事なんだけど、そこが盛り上がるのです!

アメリカのダンス教室は、どれだけ自分を魅力的に見せるかの勝負!周りはライバル!

振り付け無視して、いきなりオリジナル始めれば

振付を無視して、お尻を突き出してセクシーを見せつけている女性の絵。

生徒も喜ぶ

セクシーにメロメロになっている生徒達の絵

対抗意識を燃やせば

対抗意識を燃やして、私が女王よ!と言いながら踊っている女性の絵

大歓声!!!

「イエーイ もっとやれー!」と応援している生徒達の絵

フェミニンな可愛いコが片尻動かせば

脚をスプリットして、片方のお尻を動かしてウインクしているダンサーの絵

みんな大喜び

驚いたり憧れたり負けてられないと思っている生徒達の絵

そこは人種も年齢も性別も関係ない。

だからNYって、最高なんだ。

ダンス教室って通い続けるともっと面白くなる。

同じジャンルのダンスでも、先生それぞれに動きのタイプや癖があって、その動きに慣れてないとなかなかついていけないし、

やっぱりあそこは仲間同士でギャーギャー競い合うのが楽しかったりする。

サービス精神旺盛なアイーシャのクラスは、終わりの時間を大幅に遅れて終わった。

2クラス終えた私は、子供を迎えにいかなければ行けなかったので、

先生とお話する時間はなかったのが残念だったが、とても楽しかった。

後日、もちろん全身筋肉痛になったのだが、驚いたのは

何をしても治らなかったO脚が少し治った!足の内側の筋肉を鍛えるからかな?

美しく見せるために、脚の角度を気を付けて歩いたり踊ったりするので、脚の内側の筋肉が鍛えられたせいでしょう。

O脚は、今まで色々試したけど一向に治らなかった。

でも今回のダンス教室で少し治ったのは、

憧れと競争心と無敵な気持ちのおかげで、

自分の限界なんて気が付かずに踊り続けたからだろう。

あー彼女のクラス、通いたいな。でもロスだしな。もっとNYでやってくれないかな。

この記事を書いている人 - WRITER -
Yey
「海外に住むのって、簡単なんだ」 「1つだけより、他の文化も知ってたほうが、楽しいし、ラクだよ」 ということを感じてほしくて、ブログ書いてます。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© ニューヨークのイェイちゃん , 2018 All Rights Reserved.