A LIFE IN NYC グローバル化を楽しもう!

【NY地下鉄】ドアの前を陣取るパフォーマー!ニューヨーカーの反応は?!

イェイ
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
イェイ
「海外に住むのって、簡単なんだ」 「1つだけより、他の文化も知ってたほうが、楽しいし、ラクだよ」 ということを感じてほしくて、ブログ書いてます。
詳しいプロフィールはこちら

NYの地下鉄にて、乗客が乗り降りする最中もドアの前から動かないパフォーマーに出会った経験を描いた4コマ漫画

地下鉄でのパフォーマンスは、NYの有名風景の1つだ。そこには、素人レベルからプロ顔負けレベルのパフォーマーまでいて、乗客を楽しませてくれる。

ある日、地下鉄に乗っていたら、1人の乗客が、ドアの前に椅子を置いて、パーカッションを叩きはじめた。

「パフォーマンスはドアから少し離れた場所でやるのが通常だけど、この人はすごい場所でやるな。まぁ、駅に着いたら止めるだろう」と思っていたのに…

なんと、電車が駅について、ドアが開いても、そこをどかなかったのだ!!

乗客は、ドアの前を陣取っている彼を避けて、迷惑そうにしながらも、なんとか乗り降りした。

当の本人は、そんな事は全く気にしないどころか、「俺のパフォーマンスが止まっちまったぜぃ。じゃあ次の曲いっくぜーぃ♪」と、楽しそう。

全然、悪びれてなーい😅

だけど、文句を言う人は1人もいなかった。

そう、今回の例に限らず、NYでは、他人のマナーに対して文句を言うことが、日本に比べて圧倒的に少ない。それは、多種多様な文化の人達が混ざり合う社会で生きるコツなのかもしれない。

日本だったら、絶対に誰かが怒って注意してたよね。

そのおかげで日本はマナーが良くて、安全な国を守れているんだろう。同時に、異端な物を受け入れにくくなってしまってもいるのだけれど。

どちらが正しいかは、多分誰にもわからない。もっと国際化が進んだ時には、個人の好みで国を選ぶようになったりして…?!

多くの日本人が「アメリカ人は言いたいことをハッキリ言う」と思い込んでいるのだが、本当は全然違うんだよな~と思った経験が、他にもたくさんあるので、今後それについても書いていきたいと思います。

タロちゃん占い

楽しい音楽に出会えるかも!

この記事を書いている人 - WRITER -
イェイ
「海外に住むのって、簡単なんだ」 「1つだけより、他の文化も知ってたほうが、楽しいし、ラクだよ」 ということを感じてほしくて、ブログ書いてます。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© ニューヨークのイェイちゃん , 2018 All Rights Reserved.